「サブミッションメディアって何?」サブスク時代、その破壊力が引き寄せる未来!?

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018年8月7日

はじめに

最近、少しづつ耳にするようになった「サブミッションメディア」。サブスクリプション(通称:サブスク)の未来に関心を持つ、アーティスト、レーベル、クリエイターは絶対に注目したいワードだね。

サブミッションメディアとは?

どう定義するかは、まだまだ曖昧だが、少し広い見方をすると、今の、テレビ曲、ラジオ曲、有線放送などに変わる、これからのサブスク時代の、プロモーションメディアと言っていい。

サブスクとは、Spotify、Apple Musicなどの定額聴き放題サービスで、利用を始めている音楽ファンも多いだろう。サブスクにはプレイリストというものがある。

プレイリストとは?

プレイリストとは、コンセプトをもとに自由に好きな曲をコンピレーションアルバムのように並べたもの。

例えば、

  • 「Acoustic pop」
  • 「お気に入りアニソン」
  • 「90's Hard Rock」
  • 「近藤薫おススメSongs」

のような感じで、誰もが作れる。

これは個人でも作れるが、Spotifyや、Apple Musicなどが、オフィシャルで作って、ユーザーにレコメンドで紹介してくれたりする。

これからの音楽ファンは、このプレイリストを知らず知らず綱渡りのように渡ったいき、大好きな音楽を見つけたり、聴いたりしていくことになる。

そしてユーザーは、この人気プレイリストを、フォローしたりする事が出来る。

プレイリストは日々更新されるので、お気に入りプレイリストをフォローしておくと、勝手に好きな音楽の情報が音と共に飛び込んでくるになる。

例えば沢山のフォロワーがついたプレイリストを持つ会社、個人がいたとしよう。

この人(会社)がプレイリストに気に入った楽曲を入れたら、一気に沢山の音楽ユーザーに届くことになる。

ここはSNSに触れている人は感覚は分かるよね。

この、大きな影響力を持っているメディア(個人でも良いと思う)を、サブミッションメディア(Submission media)と呼ぶ。



具体例

筆者
具体的に言うと、例えば僕が、

Apple Musicに10万くらい、Spotifyに15万くらい、YouTubeに50万くらいのフォロワーが付いたプレイリストを持っているとします。

アーティストAさんは、僕というサブミッショメディアに、新曲を送る。

僕はその曲が気に入れば、自分が所有するプレイリストにその曲を公開する。それによって沢山の音楽ファンに聴いてもらえるという流れだね。

ラジオ曲や、有線放送に、自分の新曲を売り込んでオンエアしてもらうのに近いよね。

まとめ

まだまだ、しっかりした形が僕自身も想像レベルだが、これからの音楽業界、このスタイルで大きく変わる事は間違いない。
大きな放送局に頭を下げるより、影響力を持つカリスマ的な音楽ユーザーに紹介してもらった方が、より響くし、届くという事だ。

今までも、芸能人が評価した方が、人気が広まったなどの、近い形はあったが、サブスクリプションが軸に、それらが展開しだすと、より近い感性を持ったユーザー、ファンに直接命中しやすくなるよね。

これからどのように業界が動き、展開されていくか楽しみだ!

YouTubeで解説!サブミッションメディア

音楽配信サービス「TuneCore」が、待望の楽曲を「submit」出来るサービスを開始!

2019年4月26日

Apple Music アフィリエイトプログラム

SPONSORLINK