【業界最速!】オリジナル曲をサブスク配信してみよう!

【未来のアイドル必見!】オーディションの応募前に確認すべき3項目




はじめに

アイドルを目指している女性にとって、アイドルオーディションは未来をかけた重要イベントですよね。そんなアイドルオーディションですが、中には悪徳なオーディションがあるのを知っていますか?

そこで今回は、未来のアイドル向けに「オーディションの応募前に確認すべき3項目」を紹介します。アイドルオーディションへの応募を検討している女性は、騙されないように最後まで目を通してみてください!

アイドルオーディションの主催会社

アイドルオーディションに応募する前に、必ずオーディションの主催会社について調べてください。聞いたことのない主催会社の中には、金銭を要求したり不当な契約を結ぼうとする悪質な会社があるからです。

まずはネットで主催会社の名前を検索しましょう。住所や連絡先に始まり、レコード会社や芸能事務所なら、所属するアイドルの名前まで調べておくと安心です。TwitterやFacebookなどでも検索しておくと、普段どのような活動や発信をしているかも確認できます。

現在は数多くのアイドルオーディションが開催されているので、しっかりとリリース実績のあるレコード会社や芸能事務所が主催するオーディションを中心に応募を検討すると安心でしょう。

オーディションの参加規約

アイドルオーディションの中には、参加無料と書いてありながら後から金銭を要求されるケースが報告あります。

オーディションの落選後に養成所やレッスンを勧められて金銭を要求されたり、合格したと言われてイベントの参加費用やCDの作成費用を要求されたりなどがよくある例ですね。

アイドルオーディションに参加する場合は、応募規約を隅々まで確認しましょう。オーディションへの参加だけでなく、選考やその後の費用がかからないと記載されていれば安心です。

「養成所への参加やレッスンを受けたら、いずれアイドルになれるかもしれない」と思うかもしれません。しかし、本気でアイドルを探している芸能事務所やレコード会社は、未来のアイドル自身に金銭を要求することはまず無いと覚えておいてください。

悪徳なアイドルオーディションに参加しないように、オーディションの参加規約には全て目を通しておきましょう。

追加オーディションの場合はグループ脱退理由

すでに活動しているアイドルグループでは、メンバーの脱退に伴って追加メンバーのオーディションを開催することがあります。

すでに活動しているアイドルグループには、少なからず知名度があるのでチャンスかもしれません。しかしそのメンバーがなぜ脱退したのか、脱退理由は調べておいてください。

学業や家庭の事情など、個人的な事情であれば仕方ないのですが、中には所属事務所やメンバーとトラブルが起きて泣く泣く脱退するケースがあります。何度もメンバーが脱退しているグループの追加オーディションは、応募しない方が無難でしょう。

やっと掴んだアイドルとしての活動を手放すには、それだけの大きな理由があります。

地下アイドルなどの追加オーディションの際は、自分でそのアイドルが出演しているイベントに参加して、メンバー間の人間関係や事務所の人を観察してみることをおすすめします。

まとめ:信頼できるアイドルオーディションを見つけよう

・主催会社

・オーディションの参加規約

・追加オーディションの場合はグループ脱退理由

この3項目を抑えておけば、悪徳なオーディションに参加するリスクが大幅に抑えられます。アイドルになる夢を掴むためには、信頼できる芸能事務所やレコード会社との出会いが欠かせません。

アナタの貴重な時間やお金を無駄にしないために、信頼できるアイドルオーディションに参加してください。

SPONSORLINK

シェアしてね!

ABOUT US

KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ROSARIO+CROSS/dela/出口陽 など。