JASRACがスマホから補助金を徴収するという話しが出てるみたいだけど

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018.08.07

はじめに

スマホと著作権

スマホにはたくさんの著作物が表示されるからね。時に音楽であったり、映像であったり、歌詞であったり、、絵とかもそうだよね。

そういう意味ではCD-RやMD(Mini Disk)などの記録媒体と同じように、ひとつひとつから補助金を徴収するというのは、上部だけ見ると納得できる部分もあるんだけどさ。

ただ、音楽はストリーミング(サブスク)で聴き、映像はYouTubeで観て、とかになるなら、それぞれメディア側が、包括契約等で著作権処理をしてるはずなので、スマホに対して補助金を徴収するのはおかしい。

SPONSORLINK



ただ、上記記事にもあるように、歌詞をスクショしたり、何らかの方法でコピペしたりという、グレーの部分もある。

そういうところを付かれて「補助金」という話になると、話しの逃げ道が塞がってくる。

なので、もっとメディア側が著作権に対する意識を高めて処理をすべきなんじゃないかと思う。

例えば、歌詞カードは、「歌詞サイト」のような専門サイトではJASRACと包括契約をしているものの、ブログサービスは無法地帯だったりする。歌詞を無断転載しているサイトは山ほどある。

こうなってくると徴収したいという「JASRAC(日本音楽著作権協会)」の言い分も一理ある。

まとめ

こんな話をすると、堂々巡りで綺麗さっぱり割り切れるような状況は絶対ないんだろうけど、

例えばブログサービスを提供する管理会社が包括契約をするなど、メディアがもう少し著作権周りの管理をしっかりして、違反しているようなサイトは、そもそも検索結果から除外するなど、そんな見晴らしのいい景色が広がっていけばいいんだけどね。

そんな場所、夢の世界、楽園だね。

SPONSORLINK