予算も、プロモーション力もない!楽曲の力だけで売れる事は出来るのか!?

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018.08.07

はじめに

音楽が一番売れていた1990年代、いわゆるヒットするための方程式みたいなものがあった。

  • ドラマの主題歌等のタイアップ
  • 人気テレビ音楽番組への出演
  • CMソング採用(ポカリスエットとかね)
  • 主要FM曲のヘビーローテーション獲得
  • 人気プロデューサーの楽曲制作

このようなヒットに向けたプロモーションの王道パターンがあり、各レコード会社の営業担当はこぞって、採用や、出演の獲得に走った。

ただ、これらを獲得するには、当然、大きな資本(予算)が必要なわけで、個人レーベルや、個人プロモーターがどれだけ、あがいても手が届かなかったと言える。

時代の変化

ただ、時代は大きく変わった。

インターネットの普及、スマートフォンの登場、SNS(YouTube、Twitter、Instagram等)の破壊力。

これらを利用すれば小さな種でも、大きな花を咲かすことも夢ではなくなった。

その方法の代表が、サブスクリプションサービス(通称:サブスク)と言われる、月定額、聴き放題サービスだ。

Tweetにも書いたが、聴き放題サービスは再生回数による収益リターンは少ないけど、手軽に音楽に触れられるサービスです。「ちょっと聴いてみようかな。。」という気持ちに優しく接してくれる。

しかも、「Apple music」も「YouTube Music」「Spotify」などの大手サービスは、レコメンド機能も充実しているから、新しい音楽(しかも趣味に合った)に出会いやすい。

いまだに配信販売はかろうじて対応しているけど、サブスクには公開していないアーティストも多い。

楽曲のクオリティには自信があるけど、プロモーション予算があまりないアーティスト、クリエイターの皆さんは、是非サブスクへの加入を検討してみて欲しいです。

もし、ユーザーとしてもサブスクサービス等、見たことがない!という人は、まずユーザーとして触れて利用してみてみると良いと思う。自分の大事な楽曲を、まだ、この大海に放っていない事を知ったら、もったいないという事にも気付くだろう。

はじめてのサブスクサービス

はじめてのサブスクなら、やっぱり安心の「Apple Music」がおススメです。今なら最初の三か月無料というものをやっているのでお得です。是非チェックしてみてください!

icon-music Apple Musicを見てみる

icon-music 個人アカウントの会員登録

icon-music ファミリーアカウントの会員登録

icon-music 学生アカウントの会員登録

SPONSORLINK