講師で声優人生が決まる!?育ててくれる声優講師、知識だけを教える講師の見極め方!

SPONSORLINK

はじめに

筆者
こんにちは、近藤薫です。(@kondo_kaoru

僕の本業は音楽ですが、アニソンを歌わせてもらったり、アニソン、キャラソンの制作に関わってきた関係で、声優プロダクション、声優養成所での指導を数年やらせて頂いております。

これから声優の養成所や専門学校に通う人たちは、夢を叶えるために、いろんなレッスンを受けることになります。そこで様々なキャラクターの講師に教わっていくと思います。

その中でどのように教えてもらうか、どのように向き合ってくれる人なのかで、技術が伸びるかどうかが変わってきます。
もちろんレッスンを受ける側の努力や向き合い方もありますが、講師の人の指導内容もかなり所属になる時の審査に大きく影響を与えています。

なので、これから養成所を探す人も、今から勉強が始まる人も、講師の人の見極め方を知っておきましょう。

講師の人の心を動かす方法も一緒に説明して行きますので、ぜひ参考にして見てください。

アドバイス①
声優養成所を探している人は、無料資料請求してみることをオススメします!Webでは見えない箇所をしっかりチェックしよう!

声優をめざすなら日ナレ
インターナショナルメディア学院

育ててくれる声優講師、知識だけを教える講師の見極め方!

①学校なのかプロを育成する場所なのかを調べる

養成所、専門学校でもそれぞれのスタイルが存在します。養成所のスタイルはプロを育成することが、メインとなっているところも多いですが、養成所でも専門学校のように声優に必要な知識、技術の基礎を習得させるという目的が強いところがあります。

こういう養成所ではプロの育成ではなく、学費を払ってもらって養成所を運営しながら、
という色が強くなっていくので、講師の人に生徒に楽しく学んでもらってくださいというお話がでるところもあると聞きます。

講師の人たちもお給料をもらっていることから、本当に必要だからこその厳しく言うということができなくなってしまっています。

なので、体験入所に行ったり、養成所から上がって、しっかり所属してお仕事をしている人がいるのかどうかをサイトを見て判断する必要があります。

この場合は講師の人が動くことが難しい状態なので、楽しくやってくださいとなった場合はなかなか育ちにくい環境になるので、避けたほうがいいでしょう。

入所してからいろいろ見えてくることが多いので、いかに多くの情報を集めるかで、自分の今後の時間が決まっていきます。

一度入所してしまうと、入所金などが発生し、さらに次の養成所までのオーディションの期間が空いてしまうので、その期間を作らないように慎重に調べるようにしましょう。

なので、プロを育成している養成所へ行くように調べましょう。

②講師の人の経歴を調べる

声優の講師をやっている人の中には、様々な経歴を持っている人がいますが、その経歴が更新されていない人は注意です。今は現場に出ていない、もしくは言えない経歴があるということになります。「元なんとか」という肩書きで、暮らしている役者、声優さんは少なくありません。

物によっては公開できないお仕事というのが存在しているので、どちらとも言えませんが、現場に出ていないのは最新情報に触れていないことから今必要とされないことになってしまうので、注意が必要になります。

声優の現場も日々変わってきているので、仕事で求められることの内容が変わっていて、指導の方法も変わっていくはずです。
現場をいろんなところから知っておける環境がなくては、事務所に求められる人材にはなりにくくなってしまいます。

表に出されていないのでは、その人の経歴をしれないと感じている人。その場合は体験の時やその人からレッスンを受けている人から情報を得るようにしましょう。

そのことによって、強いつながりを持っていたり、別のプロジェクトに関わったりしていて本当はすごい人だったりすることもあるのです。

無料資料請求で講師をチェック!
【日本ナレーション演技研究所】

③講師のスタンスを知る

講師にはそれぞれのレッスンスタイルがあります。

  • 楽しく学んでほしい講師
  • プロになるために必要なことをきちんとできるようにしてほしい講師
  • 現場を体験させながら大事なことを感じてほしい講師

など、様々です。

この人たちは教えるということは同じですが、教えるレベルが変わってきます。

現場で生きていくためには、すぐにできるようにならないといけないと考えてくれている人もいれば、必要な技術は伝えるけど自分で身につけていってくれという人もいます。

一年間、もしくは半年の中で伝えなければならないことというのは本当に多いので、駆け足になってしまうのは仕方がないことなのですが、講師の人のスタンスによって、成長率が変わってくるのは明白なのです。

穏やかに楽しく簡単そうに話していても、それが今すぐにできなければ、同じオーディションの場に行くことすらできないのです。そのことをしっかりと教えてくれる人もいれば、自分で考えて見つけなさいという人がいるのです。

講師の人のスタンスを見抜くことで自分がどのように考えて、どのように行動していかなければならないのか大きく変わってくるので講師の人の話していることと、プロとして必要な技術のことは常に考えておきましょう。



まとめ

講師の人にもいろんな縛りがあることがあります。ですが、こちらから情熱を持って向き合ってそれをきちんと伝えていれば、講師の人が熱く指導してくれるようにもなるし、贔屓してもらうこともできるようになります。

たとえ見た目がかっこいい、可愛いでなくても、毎回、全力で取り組んで一生懸命で、愛想がいい子であれば可愛がってあげたいと感じてくれるのです。

そうすることによって養成所関係なくいろいろ今後つながりができたりいい成長ができる環境にもなるのでぜひ調べながらも、講師の人と対面した時は、情熱を持って取り組み続けてぜひ夢を掴み取ってください!

SPONSORLINK