アコギのレコーディング!音を決めるのはマイクの位置!?マイキングのお話。

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018.08.07

はじめに

アコースティックギターの音色は深い。

弦の鳴りがサウンドホール(ボディ中央の穴)から聴こえるのですが、どこに立つか、だけで音が全然違って聴こえる。

その繊細なサウンドを、なるべく劣化なく収音するために、レコーディングエンジニアさんや、アーティスト、ギタリスト達は日々試行錯誤しているわけです。

レコーディング

アコギはライブの時はピックアップを搭載したり、中にコンデンサマイクを仕込んでラインでPA(音響さん)に音を送ることが多い。

ただ、レコーディングでは、ギターの前に、マイクを立てて収音するやり方が一般的である。

ただ、マイクの種類はもちろんだが、マイクを立てる場所が音に大きな影響を与えます。最初にも書きましたが、ギターの前のどこに立つかで音の聴こえ方が変わるくらいです。

そういった理由からもマイクを立てる場所に、エンジニアさんはメチャクチャ時間をかけることもあります。

マイクを立てる位置

では、どこにどう立てるのが一番、効果的なのか!?

  • ホールよりネックよりに立てる方がいい
  • ホールにあまり近すぎない方がいい
  • 数本違う場所に立てて混ぜる
筆者
推奨されるやり方は様々です。

SPONSORLINK



使用マイクも、

  • Neumann(ノイマン)U87
  • AKG-414
  • AKG-C451B

など、王道と言われるマイクもあります。

 

諸先輩方が発明してきた、良い音へ繋がるやり方(方法)というのは沢山あります。レコーディング関係の本にもいっぱい書いてありますよね。

ちょうど今レコーディング中で、スタジオで日々試行錯誤しているんだけど、今日もエンジニアさんといろいろ談義。

求めている音は何なのか?

「良い音」=「その楽曲で必要な音」

かは別問題です。

確かに弾き語りみたいな楽曲の場合は、とことんリアルを追求した方がいいでしょうが、バンドもので少しアタックが聴こえるくらいの、サウンドに色見を付ける程度の目的であれば、逆にリアルすぎると低音が邪魔だったりするだろうしね。

「完成音源より、DEMO音源の方が良かった。」DEMOを越えられないその理由!?

2018.05.10

まとめ

良い音を追求しだすと、時間も、思考も、お金も、めちゃくちゃかかるでしょう。ギターのセレクトも大変です。

僕が強く言いたいのは、アコギのレコーディングする際に、「よし!良い音を録るぞ!」と望む前に、まずゴールを決めてあげる事だと思います。今、自分はこの曲でどんなサウンドを必要としているのか!?

過去に、ものすごい高いギターに最高のマイキング、機材でのぞんで録音した音より、割と手軽な安いギターに、一本だけ無造作にマイクを立てて録音したギターの方が楽曲にしっくりきて、採用になった経験もあります。

ギターや音楽に限らず、モノを作る際は、最終イメージをしっかり持ってから制作に入る事だと思います。

ギター関連の記事書いています!

SPONSORLINK