正直、「Martin」と「Gibson」のギターってどっちがいいの?

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

はじめに

ちょっといいアコギが欲しい!」そう思った時に必ず選択肢に挙がるのが、「Gibson」と「Martin」です。Gibson、Martinはアコギを弾く者にとって憧れのブランド。いつかは手にしたい存在ですよね。

ただ、高価な買い物だからこそ失敗したくないというのが本音。正直どちらが良いか分からず、なかなか手が出せないという方もいるでしょう。

両社の代名詞であるギター、「Martin D-28」と「Ginson J-45」の特徴を比較します。どちらにしようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

Gibsonの歴史

まずは、Gibsonの歴史について。その歴史は、1894年にまで遡ります。
職人であった「オーヴィル・ヘンリー・ギブソン」が、ミシガン州でマンドリンの制作を始めたことで、Gibson社が設立されました。その後、レスポールを始めとするアーチトップギターで成功を収めた同社は、Martin、Fenderなどと並ぶ世界のスタンダードブランドに。日本でも高い人気を得ています。

Martinの歴史

Martinの歴史は、1800年代のドイツに始まります。家具職人の家に生まれた「クリスチャン・フレデリック・マーティン」は15歳の時、ギター作家だった「ヨハン・シュタウファー」に師事。ギター作りを学びます。
その後、ニューヨークに移住して本格的にギターの製作を開始。第二次世界大戦後には、カントリーやフォークなどの流行もあってギターの生産数が増加。Martinのギターは、世界に名を馳せることになったのです。
その後、業績の悪化がありつつも、現在では不動のアコギブランドとしての地位を獲得しています。ギブソンの歴史も長いですが、Martinの歴史はおよそ200年。どんな業種であっても、ここまで続く企業はなかなかありません。

SPONSORLINK



Martin「D-28」とGibson「J-45」を比較

では、両社の代表モデルである「Martin D-28」と「Ginson J-45」の特徴を比較してみましょう。

Martin「D-28」の特徴とは?

では、D-28の特徴について。

Martin D-28

D-28は、数あるMartinのアコースティックギターの中でも「スタンダード」とされるモデル。エルヴィス・プレスリーやニール・ヤング、ボブ・ディランなど超有名アーティストにも愛用されているギターです。
発売は1931年。マイナーチェンジはあるものの、「発売当時とほとんど仕様がかわっていない」というのもこのギターの特徴。すごく歴史を感じますね。

Ginson「J-45」の特徴とは?

お次はGibsonの名機、J-45について。

Gibson J-45

J-45の発売は1942年。D-28よりも発売は後ですが、それでも80年近い歴史があります。こちらも、世界中の名ミュージシャンたちから愛用されてきた一品。「ギブソンのアコギといえばJ-45!」というくらいスタンダードなギターです。

Gibsonのアコギ「J-45」ってどんなギター?【初心者向け解説】

2018.02.10

両者を価格で比べてみる

では、まず両者の価格を比べてみましょう。
販売している楽器店によって価格は異なりますが、おおよそ以下の表くらいの値段です。

D-28 22万〜28万くらい
J-45 27万〜30万くらい

※現行品を新品で購入した場合

そこまで大差はありませんが、どちらかというとJ-45の方が安いかなという印象。価格では、J-45の勝利ですね。

サウンドで比べてみる

では、気になるサウンドについて。両者の音色について、以下の表にまとめます。

D-28 ・粒立ちがはっきりしている
・高音が綺麗に出て温かみがある
・サスティーンが長い
・音の線が細め
J-45 ・Martinに比べると、音が太い
・低音が出る
・かなりパーカッシブ
・ジャカジャカしたドライな音

簡単に言うと、Martinの方は「万人ウケ」する音ですね。鈴を鳴らしたような綺麗な音色が特徴で、誰に言わせても「いい音」がします。

対して、GibsonのJ-45には少しクセがあるのが特徴。低音が強くパーカッシブなサウンドは、アコギの音ではなく「ギブソンの音」と称されることも多いです。焼酎で例えるならマーチンは麦、ギブソンは芋という感じでしょうか(笑)

両者に向いているプレイとは?

では、両者に向いているプレイはどんなものなのでしょう?表でまとめてみると、

D-28 ・指弾き
・ピック弾き(アルペジオなど)
J-45 ・ピックでジャカジャカ弾き
・指弾き(マーチンよりも繊細なニュアンスは出ない)

という感じ。マーチンは音の輪郭がはっきりしている、かつ温かみのある音なので「指弾き」にはピッタリ。ピック弾きでも、アルペジオなどの単音弾きは綺麗に決まります。

対してJ-45は、ピックでジャカジャカ鳴らすのに向いています。もちろん指弾きもできなくはありませんが、繊細な感じを出すのは難しいかもしれません。「弾き語りだけど、ロックンロールだぜ!」みたいなプレイヤーには、J-45でしょう。例を挙げれば、斎藤和義なんかがまさにそういう使い方をしてますね。

両者に向いているジャンルは?

続いて、両者に向いているジャンルについて見てみましょう。

D-28 ・ブルース
・弾き語り(指弾き)
・フォーク
・歌もののロックなど
J-45 ・ブルース
・フォーク
・弾き語り(ジャカジャカ弾き)
・ロックなど

対応しているジャンルを挙げましたが、Martinに関してはほぼオールジャンルOKです。どこにでも馴染む音なので、音楽の持つ良さを壊しません。ただ、線が細めなので、あまりうるさいエレキギターの中だと埋もれてしまうかもしれませんね。

J-45に関しては、男らしい音楽に向いています。泥臭いブルースや、ジャカジャカ系の弾き語りなどですね。低音が出るので、エレキの中でも埋もれないのも特徴。ギターロックにも対応できますよ。

結論、MartinとGibsonは役割が違う!

MartinとGibsonの特徴についてまとめてきましたが、結論、両者は役割が違います。
個人的には、本当にどちらもいい音なので、一概にどちらがいいということは言えません(笑)GibsonにはGibsonの、MatinにはMartinの良さがあります。なので、自分のプレイスタイルや好みの音を参考に決めるのがいいですね。

関連記事>>ジャパンヴィンテージの魅力とは「Gibson」や「Fender」だけじゃない!

買うなら絶対に試奏してみよう

MartinかGibsonで迷われている方は、お店で試奏してみるのがいいでしょう。正直、ギターを買うなら試奏はマスト。実際に音を聞いてみてわかることもありますし、体への馴染み具合も違います。そして何より、通販で買うよりも愛着が湧きますからね。

SPONSORLINK



まとめ

MartinとGibsonの特徴を比較しました。
D-28、J-45ともに「いいギター」であることは間違いありません。ただ、

・D-28は繊細な音
・J-45は太めの音

が出るので、プレイスタイルや好みに合わせて選ぶのがおすすめ。もちろん、「見た目が好き!」という単純な理由も大事。見た目が好きでなければ、そのギターを弾く気になりませんからね。そして、最後は必ず試奏してみましょう。素敵なギターとの出会いがあることを願っています!

斉藤和義

奥田民生

Eric Clapton

聴き放題サービス「Apple Music」で聴いてみる。

古いギター、ビンテージギターは何故、音が良いと言われているのか?

2018.04.14

SPONSORLINK