【ギターが欲しい!】初心者が、どの楽器屋で購入したらいいのか迷った時は!?

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018年8月7日

はじめに

誰もが一度は楽器を弾けたらいいのになぁなんて思った事はあるのではないでしょうか。

最初に、ギターを始めようと思った時、

  • 知り合いからとりあえず
    お試しで借りてみる
  • 入門コース的な
    安い楽器を買ってみる
この辺が入り口としては
よくあるパターンでしょう。

では、この次のタイミング。

  • なんか、少し頑張れば
    出来そうだな
  • もう少し違う音色が、
    弾きやすいやつが欲しいかも
そう感じて、決意をさらに強く結び、
次なる愛機の購入に向かう。

ただ、楽器屋はなんとなく有名な大型店とか、知識は出来たけど、どこで買えばいいのか正直分からない、というのがこの段階だと思う。

例えば「Martinが欲しければ、代理店でもあるクロサワ楽器がいい」など、マニュアルにはめて決定することも間違いではないが、必ずしも成功とは言えないし、良い楽器に出会えるかは分からない。

楽器はどこでどう買えばいいか?

ふたつの購入方法をオススメしたい!

①尊敬するミュージャン、こうなりたいと思うミュージャンが知り合いにいれば、頼んで着いてきてもらう。

これは、プロ級に上手な人とかでなくてもいい、楽器に対する考え方とか、好きなジャンルが近いという身近なミュージャン先輩にお願いするといいだろう。

ある程度の確信が持てるし、トラブルや、分からないことがあった時に、聞いたりすることが出来るからだ。



②対応含め相性か良い店員さんがいる店で決める。

今の時代、どこの楽器屋に行っても、そこそこの金額を出せば、そんなに悪いギター、楽器にあたることはない。

なので、店の知名度、
大小で決定する必要は無い。

大事なのは、購入した後、突然のトラブルに対して相談しやすかったり、ストレスなくギターライフを送れる事だ。

初心者の時は、質問したくても、いったい何を質問すれば良いのかさえ分からないくらい、思考が曖昧になる。そんな時、しっかりとしたアフターケアをしてくれる場所があると無いとでは全然気持ちの余裕が違う。

まとめ

楽器そのものはネームバリューで購入するのは悪くないけど、買うお店は大型店が良い!というのはないので、上記の2ポイントを中心に考えてみると良いと思います。

筆者
素敵な相棒に出会えますように!

>>筆者のTwitterアカウントはこちら!

SPONSORLINK