ミュージシャンは普段も音楽を聴くんですか?私生活はどんな感じなのですか?

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018年8月7日

時々、生徒の子に聞かれたりします。

先生は普段は何をしてるんですか?
仕事以外でも音楽は聴くんですか?

こんな時、答えに困るけど、
もちろん音楽は普段も聴きます。
移動中、事務作業中も。

今でこそ仕事で音楽に
触れていますが、
もともと音楽が大好きで
聴いてきたんだから、
仕事になった瞬間に
聴かなくなったりはしません。

厳密に言うと、リスナー、
音楽ファンの立場の時に聴く音楽は、
完全に自分のジャンルの好きな音楽です。

仕事マインドの時に聴く音楽は、
仕事として意識を深めるため、
制作仕事を受注した時の為に
音楽を選んで聴きます。

例えば普段好んで
聴かないジャンルや、
ヒットチャートもの。
コンペとかの制作〆切前なら、
依頼があったアーティストの旧譜や、
参考音源などを聴きます。

つまり、同じ音楽を聴くにしても、
向き合う姿勢がまるで違うという感じです。

中には私生活では
全く音楽を聴かないという、
ベテランミュージシャンの方も
いらっしゃいます。

そういう人は仕事で
音楽に触れる際も、
ある程度、自分の好みの音楽しか
受注しないような
立場だったりしますね。

だから、休日は耳を休めると
いった感じになるようです。

私生活はどんな感じですか?

これは愚問だと思いますが、
全く普通の人と変わらないと思います。

寝て起きて、食べたいもの食べて、
映画観たり、テレビ観たり、
空を見たり、ドライブ、散歩したり。

もちろん、歩いただけで
人だかりが出来るような大物だと、
変装したり、人が集まるところは
避けたりしているようですが、
それでも日常を知るから、
非日常(エンターテイメント)を
作り出せるんだと思うんです。

なのでクリエイターや
アーティストに関しては、
成功している人程、
普通の感覚を持っていると思います。

>>筆者のTwitterアカウントはこちら!

SPONSORLINK