【業界最速!】オリジナル曲をサブスク配信してみよう!

「Ecamm Live」でYouTube Live(生配信)を試してみた感想。

SPONSORLINK

はじめに

昨今のウイルス問題で、ライブハウスや、商業施設でのライブが封鎖され、自宅にいる期間が増え、ミュージシャン、アーティストがこぞってライブ配信をはじめた。

もともと「Showroom」や、「LINE LIVE」、「17」など、アイドルやタレントがトークメインで生配信をするのは、ここ最近プロモーションのひとつとして活用はされていたが、ミュージシャンの魂の置き所はやはりステージだ!配信ライブじゃ生音の熱は届けられない!などの声を聞いたし、毛嫌いするミュージシャンも少なくなかった。

ただ、今はそうも言ってられない!僕も、そう感じて慌てていろいろ試しているひとりだ。

幸い、YouTubeでの配信は昨年から動き始めており、YouTubeでの収益化の基準である、チャンネル登録者数1000、再生時間4000の壁は越えていて、収益化も出来るようになっていたので、生配信のメディアも「YouTube」で、と思って配信機材、ソフト、などリサーチをしだした。

生配信をするにあたって

正直、生配信なんて今時スマホひとつで出来る!と思われる人もいるだろうけど、顔アップでも見るに耐えられる若い子ならそれでもいいが、自分のような大人は、少しでも良い映像、良い音、スマートな配信構成を構築しないと、生配信はしんどいと思った。

もちろん、売れている芸人さんやYOUTUBERさんのように卓越したトークスキルがあれば別だけどね。あと、音楽を生ライブで届けようと思ったら、最低限の音質は出したいしね。



配信ソフト

OBS

カメラや、キャプチャーボード、マイクなどのチョイスももちろんだけど、配信ソフトも悩むところだった。最初に触ったのが、圧倒的なシェア率を誇る「OBS」。みんなが使っているだけあって使いやすいし、何と言っても無料で使える、というのが凄い!

StreamYard

その次に使ってみたのが、「StreamYard」。このサービスは配信時のコメントを拾って画面にピックアップしたり、トーク番組をするのにはとても素晴らしい!しかも、ゲストを招待して対談番組も作れる!

「OBS」と違って有料だけど、課金する価値は十分にあると思う!迷わず課金した。見たことのない人は是非チェックをしてみてください。

Check!
StreamYard

Ecamm Live

しばらくこれでいこうと思った時に出会った、「Ecamm Live」。(イーカムライブ、と読むのだろうか)友達に聞いて興味を引かれ、トライアルver.もあったのでDLして使ってみたんだけど、これがあまりに使いやすくてね、何と言っても、かっこいい。使ってて創作意欲が湧く(笑)これは音楽制作でも大事にしているところではあるんだけど。

それから、映像の質感を生配信なのに触れるのがGood!

LUT(「ラット」と読みます。写真でいうフィルターのようなもの)まで、生配信で使えてしまう。これは映像にこだわる人は惹かれるところだろう。

まだトライアル期間中なので、課金していないが、おそらくしちゃうんだろうなぁ。

ただ、あまりにチュートリアルとかが出てなくて、試行錯誤のEveryday.

もうちょっと触って、実践投入してみようと思います!

いろいろ見えてきたら、こちらのブログでも取り上げますし、YouTubeチャンネル(「音楽で生きていく。」)でも解説してみたいな。

是非お試しください!

SPONSORLINK

シェアしてね!

ABOUT US

アバター
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ROSARIO+CROSS/dela/出口陽 など。