その向こうにある「何か」を 連想出来るだけで幸せなのかもしれない。

SPONSORLINK

「何か」を 連想出来るだけで幸せなのかもしれない。

朝から新案件の撮影仕事でした。

miuzic Entertainment

何かを始める瞬間って
とても体力がいる事だけど
その向こうにある「何か」を
連想出来るだけで幸せなのかもしれない。

例え、その「何か」が、
世界がびっくりするような事じゃ
なかったとしても、
そこは対して大きな問題じゃない。

何かが弾けだす瞬間に
立ち会う、夢見る、
そこに魅力があると思う。

miuzic Entertainment

幸せは、この世の中
至る所に落ちているはずなのに、
気付けずに過ごしている事って
多いんじゃないかなと思う。

そもそも日本に生まれた事や、
東京で不自由なく暮らせている事や、
デニーズで食べられたサラダランチも、
たまたま、撮影日が雨だった事も、
タピオカ屋が馬鹿みたいに並んでる事も、

幸せのワンシーンなんだと思う。

「当たり前」という感覚が
時に「幸福感」を麻痺させるよね。

だから、なんとなく日常を
通り過ぎず、そのひとつひとつの場面を
凝視して生きていきたい。

「デビューしませんか?」原宿竹下通りで、スカウトされた時の話。

2018年11月20日

SPONSORLINK