音楽好きには聴いてほしい!天才、エリックカルメン率いる伝説のバンド「ラズベリーズ」

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018.08.07

はじめに

どんなミュージシャンも影響を受けたミュージシャンはいるはずです!僕も中学校の頃に音楽の魅力に惹かれて、たくさんの音楽を聴いてきました。好きなミュージシャンを見つけたら、そのミュージシャンが影響受けたという音楽をまた探して、聴いてみたり。辿って、巡って、何周もして聴いたなぁ。

The Raspberries(ラズベリーズ)

影響を受けたミュージシャンをひとつに絞ることは出来ないけど、この人、このグループがいなかったら自分が存在しないというバンドがある。

それが、天才、「エリック・カルメン」率いる、「The Raspberries(ラズベリーズ)」だ。

ラズベリーズのメンバー構成

  • エリックカルメン(Vo&Piano)
  • ウォーリー・ブライソン(G)
  • デビッド・スモーリー(G)
  • ジム・ボンファンティ(Dr)

icon-music 1971年に結成、翌年、シングル「Don’t Want to Say Goodbye/さよならは言わないで」でデビュー。

エリックカルメン

エリック・カルメンは1975年にリリースした「All by Myself」のソングライター、シンガーとして知られているよね。

「All by Myself」
ピアノの旋律が美しいロッカバラード。エリックカルメンの代表曲のひとつ。約3,40組のアーティストにカバーされているが、1996年にセリーヌ・ディオンがカバーしたことで、再び脚光を浴びている。

 icon-music  聴き放題サービスで聴いてみる

この曲でも分かるように、エリックカルメンはピアニストで美メロ、美声を持つアーティストだ。

ただ、このラズベリーズはギターもドラムも暴れまくるロックバンド。そのサウンドの中でエリックカルメンはシャウトをしまくっている!

そこが素敵!ただ、暴れるサウンド、シャウトといっても、根本にあるポップ加減、美しさが絶妙に見え隠れしているところが大好きなポイントで、病みつきになってしまうポイントです。

 icon-music  聴き放題サービスで聴いてみる

ただのパンク、ハードロックとは違う、ポップさが共存しており、そしてエリックカルメンの本来のピアノプレイも要所要所に聴ける。

あえて表現するなら、「汚いサウンドの中、後ろに存在する美しさ」といったところだろう。

まとめ

エリックカルメンは大ヒット曲をすでに持っているわけだし、音楽ファンなら知らない人はいないだろう。ラズベリーズも知る人ぞ知るバンドで、十分評価されているバンドです。ただね、個人的にはもっともっと評価されてもいいグループだと思うんだよなぁ。

奇跡の再結成で、来日なんてないものだろうか。

デビュー曲の「Don’t Want to Say Goodbye/さよならは言わないで」が染みるね。

聴いたことがない人は是非聴いてみてください!

音楽記事書いています!Click!

SPONSORLINK