商業施設でフリーライブを続ける難しさに直面している話。

SPONSORLINK

現在弊社では、マークイズ静岡様、
静岡マルイ様、イオン様などの
大手商業施設様で
定期自主イベントを開催しております。

どの商業施設様もとても好意的で、
スケジュールを優先的に空けて下さります。

もう、何だかんだ3年くらい、
月1、月2開催で続けているかな。

ただ、ここに来てフリーライブを
続ける難しさに直面している。

理由

フリーライブは文字通り
フリー(観覧無料)だから、
会場費、音響代、人件費、移動費、
アーティストへの出演料、
全て持ち出し(自前)になる。

音響とか会場にある簡易的なもので
開催すればコストも抑えられるのだが、
やはり、ちゃんと迫力ある
音楽を届けたいから、
音響会社に依頼してしまう。

物販(CD、グッズ販売)が
唯一の売り上げとなるんだけど、
商業施設での開催は、
テナント費として、売上から、
数十パーセントの手数料もかかります。

リリースタイミングでの
イベントなら、プロモーションとして
捉えればいいんだろうけど、
毎月開催とか、月二回開催というのは
本来現実的ではないのかもしれない。

という理由が重なり、
物販が動かないアーティストは、
商業施設様からも出演NGが出るし、
イベントブッキングをするのは
かなり難しくはなるのです。

そういったハードルはあるものの、
商業施設でのフリーライブには
メリットもいっぱいあります。

うまく会社としても利益を出し、
アーティスト、
商業施設様側にも利益のある
イベント作りが出来ないか、
引き続き試行錯誤です。

自滅する前に良き解決策を。

SPONSORLINK