音圧勝負!レベル競争!は、音楽そのものをを台無しにしてしまうと思う。

SPONSORLINK

筆者
こんにちは、音楽家の近藤薫(@kondo_kaoru)です。

僕について。作った曲や、関わったお仕事に関してのまとめ

2018年8月7日

終わる終わると言われて、結構経つな、音楽の音圧勝負、レベル競争。

これ、どういう意味かというと、単純に、大きな音で聴かせた方が印象良く聴こえるでしょ?といったものですね。そういう思考から、自分の音源を世の中に送り込む際に、とにかく音を大きく(音圧を大きく)してパッケージ化する事が一般的になった、なってしまった。殆どつぶれて歪んでいるとも言える。

これ、自分のアルバムとかであればよい。一定の音量で再生してもらって、後はそれを基準に曲が進行、流れていく。ただ、他のアーティストや制作者が作った楽曲と並べた時にその印象の違いが大きく出るといったものです。

  • 音が小さい=地味に聴こえる
  • 音が大きい=派手に聴こえる

絶対にそんな事はないんだけど、これはもはや心理戦とも言える。

例えば、テレビを観ていて、CMになった瞬間に音が大きくなって音量を慌てて下げたような経験はないだろうか?これはスポンサーであるCMの企業が意図的にこうしているものなんです。

「完成音源より、DEMO音源の方が良かった。」DEMOを越えられないその理由!?

2018年5月10日

SPONSORLINK



人間の感覚だから、仕方ない事だけど、音圧をデカくすると、一聴勢いがあってインパクトを与えられているような感じがするのかもしれない。ただ、音楽には、起承転結があり、イントロからアウトロまで飽きさせない展開というものがあるのです。

穏やかに始まり、サビでガッツリ盛り上げる、落ちサビがあって、ラストサビ、クライマックスへの向かう。

これは音圧を上げだすと、コンプレッサー等を使って、音を圧縮していくので、小から大までの差がほとんどなくなってしまうんです。結果、とても無機質で、ぶっきらぼうな音楽に聴こえてしまう。

【音楽制作】MIXとは?正解なんてないんだから、自信を持ってジャッジしよう!

2018年6月13日

まとめ

こんな事は音楽の基本だし、誰もが分かっているのですが、一聴のインパクトを優先して、音圧を稼いでしまう。負のスパイラルにはいっていく。そしてつまらない音楽の量産。自分で自分の音楽に飽きてしまい、そして辞めてしまう。そんな感じになっていく人も少なくない。

偉そうなことを言っているが、僕も、楽曲コンペに出す際は、分かっていながらライバルに勝ちたい一心で、つまみを回している。そんなことを考えながら、今日も切磋琢磨している。

正解は何か!真の良い音楽とは何か!?

永遠の課題だ。

 

SPONSORLINK