【弦の選び方】ギターブランドの王様「Martin」の弦がリニューアル!?

SPONSORLINK

筆者
音楽家の近藤薫です。(@kondo_kaoru)です。

Acoustic Guitar

ギタリストなら知らない人はいないギターメーカー「Martin」

Martinはオリジナルブランドで弦もたくさん出していて、Martinのギターとの組み合わせの相性も抜群と人気です。

その「Martin」が出している弦、3種類がリニューアルされ発売となった(2018.10)

これまでのマーティン弦は、スタンダードのマーティン弦、マーキス弦、SP弦、FX弦、ライフ・スパン弦、レトロ弦、チタニューム弦、その他エリック・クラプトンやトニー・ライス、ローレンス・ジュバーなどのアーティストモデル弦の8種類のシリーズで、それぞれエクストラ・ライト、カスタム・ライト、ライト、ミディアム・ライト、ミディアムという5種類のゲージで生産されていた。 12弦やコンパウンド弦等も数えると40以上のアイテムになる。今回のリニューアルの大きな目的は、まずは増えたその種類をわかりやすく整理するためと、よりハイクオリティな弦の生産に統一していくことにシフトするためだ。 そこで新たに登場した弦はAuthentic Acoustic(オーセンティック・アコースティック)と名付けられ、青いパッケージのSUPERIOR PERFORMANCE (スーペリア・パフォーマンス)、緑のパッケージのMARQUIS SILKED(マーキス・シルクド)、赤いパッケージのTreatment for long life/LIFE SPAN(トリートメント・ロング・ライフ/ライフ・スパン)という3種類のシリーズ展開だ。(※その他、レトロ弦やアーティストモデル弦、チタニューム弦はこれまで通り。) この3種類はすべてHT(HighTensile)と呼ばれる伸縮に強い高張力な芯線を特徴とし、これまで以上にサウンドのみならず耐久性に優れた弦に生まれ変わった。約50年の歴史を持つマーティン弦は、さらにマーティン・ファンのための弦として進化し続ける。(「Martin」サイト弦紹介ページより引用)

 

ギターブランドの王様「Martin」の弦がリニューアル!

Martin Authentic Acoustic

Superior Performance

旧:「SPシリーズ」
BRONZE・PHOSPHOR BRONZE・SILK & STEEL FOLKの3種類

  • Extra Light
  • Custom Light
  • Light
  • Bluegrass
  • Medium
  • Custom(SILK & STEEL FOLKのみ)

Marquis Silked

旧「MARQUISシリーズ」
BRONZE・PHOSPHOR BRONZE・SILK & STEEL FOLKの3種類

  • Extra Light
  • Custom Light
  • Light
  • Medium
  • Extra Light 12-String
    (PHOSPHOR BRONZEのみ)
  • Custom
    (SILK & STEEL FOLKのみ)



Lifespan 2.0

旧「LIFESPANシリーズ」
BRONZE・PHOSPHOR BRONZE の2種類

  • Extra Light
  • Custom Light
  • Light
  • Medium
  • Extra Light 12-String
  • Custom
    (SILK & STEEL FOLKのみ)

弦にこだわろう

優秀なアコギ本体を持っていても、弦の質、古さ、太さなどで全く音が変わってきます。「レコーディングの時は必ず新品に張り替えるんですか?」と聞かれることがありますが、明るいブライトなサウンドが欲しければ新品の方が良いでしょうし、素朴なバラードの時は張ってから少し時間が経った弦を使用した方が味が出ることもあります。

それくらい弦のチョイスで楽曲の世界観は変わります。

新しい、古いでも音は変わりますが、弦の種類(フォスファーブロンズ or ブランズ)でも変わりますし、今回ご紹介したようなどのメーカーの弦かにもよって、だいぶ変わってきます。

【生徒さんからの質問に答えてみた。】ギターの弦のフォスファーブロンズ弦、ブロンズ弦の違いって何?

2016年5月21日

コーティング弦(劣化しにくい弦)とかになると、値段が高い方が良い弦という考え方も出来ますが、その他の弦の場合、安い弦でもイメージ通りの音を出してくれる場合もあります。

まとめ

様々な種類の弦が存在しますが、固定概念にとらわれず、是非、たくさんの弦を試してください。別にMartinのギターにGibsonの弦を張ってもらってもいいと思います。

ギター本体は高価なものなので、そんなに何本も買えるものではありませんが、弦での音色探求なら、色々トライしやすいですしね。

そういう意味でも、今回ご紹介した「Martin Authentic Acoustic」はとても楽しみなアイテムです。

ギターの弦の張り方、実際どれが正しいの?

2018年5月7日

アコギを保管しておく時って、弦は緩める?張ったまま?ギターにかかる負担は!?

2018年5月9日

SPONSORLINK