そこがブレなければ、そこに辿り着くまではどんな服を着ていてもいいんだと思う

SPONSORLINK

静岡トコカラグランプリの審査員仕事を終え、清水でそのまま宿泊。

僕は

会場を素通りして静岡事務所へ。静岡で静岡とは関係ない音楽制作。歌詞書いて仮歌を2曲挑む。機材がコンパクトになったり、プラグインで事足りたり、ファイルで仲間ミュージシャンと共有出来たり、どこでも作業が出来る、良い時代だ。

作業スタイルはファーストフード的というか、インスタント的というか、カジュアルな感じではあるけど、音楽そのものにはどこで作業したとしてもしっかり魂を注入しないといけない。

そこがブレなければ、そこに辿り着くまではどんな服を着ていてもいいんだと思う。過程は大事だけどそこに囚われすぎると頭でっかちな作品になってしまう。

何百万もかかるスタジオで録った音楽より、家でレコーディングしたDemo音源の歌の方が良かったなんて事は音楽業界では日常茶飯事なのだから。

SPONSORLINK