チームを整えて備える海外配信

SPONSORLINK

Spotify

数あるストリーミングサービスの中でも、圧倒的に洗練されてて、人気も高い「Spotify」僕もApple Musicと並んで、愛用、愛聴させてもらってます。 今年は、自分の楽曲や、自社のプロジェクトを、海外に向けて放っていけたら素敵だなと思っています。 今でも自社のアーティストの曲は世界配信はしています。時々、メキシコで5回、シンガポールで3回とか、、再生回数の報告がある(笑)ちなみに昨日は中国で7回、フランスで2回、スイスで1回、フィリピンで1回再生があったらしい。とてもビジネスになる再生回数ではないけど、なんか知らない街で、知らない誰かが、自分の音楽を聴いてくれたかと思うと嬉しかったりする。ありがとうございます。

ただ、これをやるには絶対的にチームを作る必要がある。 ここでいうチームというのは、共同作業で音楽制作する<コライト>と呼ばれる作業のパートナーだけではなく、海外のリスナーに聴いてもらう為のチーム。マーケーティングやプロモーションなど、、当然、母国の日本語でさえもろくに話せない!?自分一人の力では無理だから。 まず、英語が歌えるシンガーと、英詞が書けるクリエイターが必要だね。 なんとなく、よちよち歩きのプロジェクトにはなるだろうけど進めて行きたいなぁ。

SPONSORLINK