TOKYO IDOL FESTIVAL2017

TIF

制作、プロデュースを担当しているアイドルグループ「ROSARIO+CROSS」が、初出演させて頂く事になり、初めてお仕事として会場に行ってきました。総勢200組強のアイドルさんが、計11箇所だったかな、、のステージに出演してパフォーマンスするという、まさにアイドルの祭典!

単独でドームクラスでやっているアイドルから、デビューしたての新人まで、まさにジャンルもコンセプトも様々なアイドルが出演するイベントなのです。

ただ、志願すれば誰でも出れるかと言ったら、そういうわけではなく、出るためにはTIF事務局からのお誘いを受けるか、様々なオーディションに通過しないと出演出来ないのです。

ロザリオクロスは、今回、いろいろな方の応援を頂き、選抜オーディションに無事通過、出演権を獲得しました。

本当にありがとうございました!

8月4.5.6の3日間開催のTIF.

今回ロザリオクロスは、5日と6日の2日間出演させて頂きました。

セットリスト

8月5日

【SMILE GARDEN】

1.HELLO!未来

【FESTIVAL STAGE】

1.ショートヘア
2.HELLO!未来
3.青春コールミー

8月6日

【SKY STAGE】

1.HELLO!未来
2.虹色シャウト
3.青春コールミー

【FESTIVAL STAGE】

1.HELLO!未来
2.カサナール
3.ラン!ラン!ラン!

HELLO!未来

今回、4th Single「HELLO!未来」を軸にセトリを構成しました。きっとファンの皆さんにとっては、散々聴き慣れた曲で、他にも聴きたい曲があったのかもしれないけど、初見さんにロザリオクロスを知ってもらうというのもTIFの目的の1つだったし、何より僕は、この歌の曲力を信じている。それに、2017年出発の曲だったからね、この曲があったから2017年、良いスタートがきれたと思ってるし。正直、この曲が発売した時に見えていた未来に「TIF」の舞台はまるでなかったけど、、(存在が大きすぎてね)うん、素敵な未来にご挨拶出来た気がします。

本当にありがとうございました!

アイドルの数もたくさんだし、良い曲も溢れてるし、グループの存在を世間に浸透させていくには、TIFに1度出たくらいじゃ、まったく足りないとは思うけど、メンバーの自信に繋がったり、モチベーションに繋がったのは本当に大きいと思う。

ありきたりな表現だけど「一歩づつ」なんだと思う。ただ、半信半疑で積み重ねる「一歩」じゃなく、未来を信じて積み上げる「一歩」。

The following two tabs change content below.
KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。

ABOUTこの記事をかいた人

KONDOKAORU.JP編集部

KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。