「Apple Music」「Spotify」など、サブスク音楽配信、7つのサイトを比べてみた!

SPONSORLINK

今では当たり前になってきた「音楽ストリーミングサービス」(サブスクリプションサービス)。2015年に開始された「Apple Music」、2016年に日本上陸した「spotify」など、色々なサービスがありますよね。でも、「正直どれを選べばいいかわからない…」という方のほうが多いのではないでしょうか?

国内で提供されている主要な音楽ストリーミング配信サービスを比較してみます。ストリーミングを利用してみたいと思っている方は、ぜひ参考にどうぞ!

 

どこで比較すればよいか?

ここで比較するのは、以下7つの音楽ストリーミングサービスです。

 

・Spotify

・Apple Music

・Google Play Music

・Amazon Music Unlimited

・AWA

・LINE MUSIC

・レコチョクBest

比較表

まずは、これらのサービスの基本的な機能、利用料金の比較表を見てみましょう。

(2018年6月現在)

ざっと並べてみると、こんな感じです。ストリーミングサービスを決める際の判断基準を、いくつかご紹介しておきますね。

 

音質で比べる

まずは「音質」です。音楽が好きな方なら、「音が悪くて演奏が台無し」なんてサービスは利用したくありませんよね。ストリーミングサービスの音の善し悪しを見分けるには、「ビットレート」という数値を確認します。このビットレートが高ければ高いほど、理論上音質が良いということです。

 

ストリーミングサービスのビットレートは、「256kbps」もしくは「320kbps」が主流。ちなみに、CDのビットレートは「約1,411kbps」です。やはり、数字だけ見てみるとCDの音質にはかなり劣っているように見えますね。もし、意識的に音質を求めるなら、少しでもビットレートの高いサービスを選びましょう。

曲(数)で比べる

「曲(数)」も重要な比較材料です。曲の数は多ければ多いほど、お目当ての曲が見つかりやすくなりますからね。

また、「洋楽に強いのか、邦楽に強いのか?」ということもチェックしておきましょう。あなたが、ふだん邦楽しか聞かないのに、洋楽ばかりのストリーミングサービスに入ってしまうのは損です。曲数の他に、「どんな曲が多いのか」ということもチェックしましょう。

料金で比べる

やはり「料金」も大事です。ただ、比べてみるとわかるのですが、どのサービスもだいたい月額1,000円前後。そこまで大差はありません。

ただ、ストリーミングサービスの中には、「学割制度」や「家族割」を採用しているところもあります。割引対象に当てはまれば、利用料金が安くなるかもしれません。割引も、忘れずにチェックしたい項目ですね。

機能で比べる

最後は「機能」です。

ストリーミングサービスには、音楽の視聴という目的意外にも、様々な機能があります。例えば、「楽曲をダウンロードしてオフラインでも聴ける機能」や「プレイリストを作成できる機能」などです。また、中には「パソコンからでも利用可能」のような機能もあります。自分の利用したい機能が備わったものを選ぶようにしましょう。

SPONSORLINK



サービスごとの特徴

では、ここでご紹介する

・Spotify

・Apple Music

・Google Play Music

・Amazon Music Unlimited

・AWA

・LINE MUSIC

・レコチョクBest

 

について、サービスごとの特徴を見ていきましょう!

Spotify

まずは「Spotify」について。Spotifyは、2018年現在1億7,000万人のユーザーを持つ、世界最大手の音楽ストリーミングサービスです。2008年にスウェーデンでサービスが開始され、2016年から日本でも利用できるようになりました。

Spotifyの特徴は、「有料会員にならなくても、全曲視聴が可能」であること。ただ、無料会員の場合は、

 

・曲間に広告が表示されてしまう

・プレイリストの再生が不可能

・シャッフル再生のみ(1時間に6回までスキップ可能)

・低音質(160kbps)

というような制限があります。

※過去の再生履歴から自動的に作成される「オンデマンドプレイリスト」の中からは、自由に曲を選んで再生可能

制限はありますが、無料で全曲にアクセスできるのは魅力的です。

もちろん、有料会員(月額980円)に登録すれば、これらの制限はすべて解除。広告も表示されず、好きな曲を好きなときに聞けます。また、「登録してから最初の3ヶ月間は100円で使える」という点もありがたいですね。

通常の月額料金の他に、「学割プラン(480円/月)」や「ファミリープラン(1,480円/月)」などの割引制度も充実しています。ファミリープランとは、「月額1,480円で、家族6人までサービスを利用できる」というもの。家族内に音楽好きがいるなら、お得なプランですよね。

配信されている音楽ですが、圧倒的に「洋楽」に強いです。結構コアな洋楽まで揃っています。なので、Spotifyは「洋楽好き」におすすめ。邦楽も少ないわけではありませんが、「洋楽好きのためのストリーミングサービス」というイメージです。

埋め込みウィジェットも秀逸ですね。

Apple Music

お次は、「Apple Music」です。Apple Musicは、2015年にAppleが開始したストリーミングサービス。

Apple Musicの特徴は、専用のアプリをダウンロードする必要がないということです。iOSに統合されているので、スマホの「ミュージックアプリ」から利用できます。(iPhone、Androidともに利用可能)つまり、パソコンなどから取り込んだ音楽と一緒に、Apple Musicの音楽も管理できるということですね。

サービス開始当初は、Spotify同様「洋楽に強い」というイメージだったApple Music。ですが、現在は国内のレコード会社が楽曲の提供を開始したこともあり、邦楽も豊富になっています。

また、Apple Musicも割引プランが充実。「学割プラン(480円/月)」、「ファミリープラン(1,480円/月)」が選べます。Spotify同様、ファミリープランでは、家族6人まで一律料金での利用が可能です。

また、機能面にも優れているのがApple Musicの特徴。

例えば、「For You」という機能があります。これは、AIが過去のプレイリストからユーザーの好みを学習、そのユーザーが好きそうな曲をおすすめしてくれる機能です。Apple Musicでは、約4,500万もの曲が配信されています。その中から、自分好みのものをゼロから探すのは大変ですよね。そんなときに、「For You」は役立つ機能です。

icon-music 今なら無料期間もあるので一度試してください!

Apple Musicを見てみる!

お得な学生プランはこちら!

ファミリープランもお得です!

Google Play Music

「Google Play Music」の特徴は、「再生環境を選ばない」ということです。

「iPhone/Androidアプリ」、「ウェブブラウザ」、「Chromecast」など、幅広く対応しています。色々な端末で音楽を楽しみたい、という方にはピッタリですね。

また、「最大5万曲までのGoogleクラウドサーバーが無料で使える」というのも嬉しいポイントです。このサーバーに曲をアップロードしておけば、他の端末でも音楽の再生が可能に。また、スマホの容量節約にもつながります。

割引に関しては、家族内で6人までサービスを利用できる「ファミリープラン(1,480円/月)」のみ。残念ながら、学割はありません。

 

曲数は3,500万曲と、他サービスに比べるとちょっと劣るかな…という感じですね。

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は、あのAmazonが運営するストリーミングサービスです。

Amazonだけに、曲のレコメンド機能はさすが。「この曲を聞いたお客様は、こんな曲も聴いています」など、好みにあった楽曲を表示してくれます。楽曲数も4,000万曲と、申し分ないですね。

 

料金ですが、通常プランに加えて、家族6人まで一律料金で利用できる「ファミリープラン(1,480円/月)」や、「Echoプラン(380円/月)」が用意されています。Echoプラントは、Amazonが提供しているスマートスピーカー(Echo)を利用している人向けのプランです。

また、Amazon Prime会員であれば「月額7,800円」で利用できるのもポイント。7,800円でAmazon Prime、Amazon Music Unlimited両方の機能が使えるのでお得です。

icon-music 今なら30日間無料で聴けちゃいます!とりあえず一か月だけでも聴きまくってみて判断するのもいいですね。

AWA

AWA」は、2015年に開始されたストリーミングサービス。運営しているのは、エイベックスグループと、amebaなどで知られるサイバーエージェントです。

 

プレイリストを作成して他のユーザーに公開できるなど、SNSチックな使い方をできるのもAWAの魅力ですね。また、設定でイコライジングができるので、音質の細かい調節もできますよ!

楽曲数は約4,500万曲と、ストリーミングサービスの中でも最大級。邦楽でもマイナーなバンドが揃っていたり、楽曲はかなり豊富です。

料金は月額960円と、他サービスよりちょっと安め。(学割は無いです)

月額で支払うものなので、少しの金額の差が長い目で見ると大きいかもしれませんね。

月額960円【AWA】

LINE MUSIC

「LINE MUSIC」は、私達が普段お世話になっているLINEが運営するストリーミングサービスです。

 

お気に入りの曲をLINEでシェアできたり、プレイリストを共有できたりと、AWA同様にSNS的な使い方もできます。ここは、なんともLINEらしいですね。

また、LINEの着信音を、配信されている楽曲に変更することが可能。よくLINEで通話する、という方には魅力的なサービスでしょう。

 

割引は、「学割(480円/月)」と、「ファミリープラン(1,400円/月)」の2種類。

また、1ヶ月で20時間まで曲が聴き放題になる「ベーシックプラン」があるのも特徴的。ベーシックプランの価格は、「通常480円/月」、「学割300円/月」となっています。「そんなに頻繁に音楽を聴かないけど、ストリーミングを利用したい!」という方にはいいかもしれません。

レコチョクBest

最後は、「レコチョクBest」について。

レコチョクBestの特徴、それは「邦楽の豊富さ」です。もともと、レコチョクは国内主要レコード会社が共同出資して作った企業。その力を活かし、レコチョクBestでは国内最多級の邦楽がラインナップされています。普段邦楽をよく聞くなら、レコチョクBestで間違いないですね。

ただ、全体でみてみると、曲数は650万曲と少なめ。洋楽はあまりないので、洋楽リスナーにはおすすめできません。

 

料金プランは「通常プラン(980円/月)」と、「アーティストプラン(324円/月)」の2種類。アーティストプランに登録すると、特定のアーティストのみ聴き放題になります。

邦楽好きにはおすすめのレコチョクBestですが、やはり他のストリーミングサービスに比べると劣っているかな、というイメージです。

まとめ

国内で提供されている主要な音楽ストリーミング配信サービスを比較してみました。

個人的には総合点でiPhoneやタブレット使いにも相性がいい「Apple Music」が今はおススメかなと思います。続いては「Spotify」ですね。

ちなみに僕はこの2サービスを月契約しています。ひとつでも事足りるとは思いますが、いろいろサービス、内容などの聴き比べをして今後使用するサービスを決め込んでいきたいので。

今は移動中は「Apple Music」、パソコンで作業中とかは、「Spotify」を流してる事が多いかな。「Spotify」は自然と音楽と向き合わせてくれる、そんな魅力がありますね。特にPCのアプリは秀逸。

はい、いろいろ説明はしましたが、ストリーミングサービスと言っても、機能や割引にはそれぞれ差があります。また、「洋楽に強い」、「邦楽に強い」などの特色もありますので、事前によく調べておくのがおすすめですよ。ストリーミングで、もっと音楽を手軽に楽しみましょう!

SPONSORLINK