Peluso(ペルーソ) Microphone47を使用してみた!「とりあえずノイマン!」からの脱却!

SPONSORLINK

Peluso Microphone 47 SE

自社レーベル「miuzic Entertainment」の新人案件ではじめて使用したマイク「Peluso(ペルーソ) Microphone 47 SE」個人的に古いタイプの音楽制作マンなので「とりあえずNeumann(ノイマン)」で!と言ってしまうタイプなのですが、この日はエンジニアに進められて、重い腰をあげました。

IMG_2750

Neumann(ノイマン)U-47

Neumann(ノイマン)U-47のレプリカ(複製品)ということで、やはり見た目に存在感はあるね。レプリカって言わないのかな、、代理店のエレクトリさんのサイトでは、「U-47」の影響を受けている!と書いてあったけど。

IMG_2751

女性ボーカル

今回試したのは女性ボーカルのスケール大きめなバラードだったから相性が良かったのかも。「温かい音」というと誰でも表現できてしまう言い方だけど、角のとれた浄化された音!?という印象。。。伝わりにくいと思いますが、例えば男性ボーカルが高音で張ったときの喉にあたった、ジャリッと固く、痛い部分を緩和させてくれるような感じでしょうか。

まとめ

いつも機材の事を話す際に、どんな機材を使ったとしても、演奏者次第で音は良くもなるし、悪くもなるんだよ、と新人の子達には言っています。今でもその持論は変わらないから、「とりあえずノイマン!」を立てて、技量での音作りに期待するのですが、このPeluso Microphone 47 SEは癖も少ないしナチュラルだから、技量次第で音は良くもなるし、悪くもなる!と言っている自分には逆に合ってるのかなと思いました。今度はアコギも録ってみたいなぁ。

IMG_2748

筆者:近藤薫 プロフィール

お手軽ミニキーボード CASIO 「S-46」のオートパワーオフが設定で解除できる!?

2017.01.26

SPONSORLINK