音楽を続けていく意味、続けてくることが出来た理由。

SPONSORLINK

2018年6月2日、デビューして19年が経ちました。「デビューする事は簡単、売れることが難しんだ。そして続けていくことはもっと困難だ。」そんな事を、メジャーデビューが決定して歓喜していた僕たちメンバーにボソッと話してくれた事務所の上司がいました。何となく返事をしてその時は過ごしてましたが、今デビュー19年周年を迎えた今その意味が分かる気がします。

リタイヤしていく同期、同僚がたくさんいる中、こうして音楽と笑顔に溢れた日を迎えられた事が本当に嬉しい!リアルバースデーより嬉しいかも。リアルバースデーは生きていれば必ず訪れるけど、音楽家として音楽で過ごすバースデーは、ただ息をしているだけでは訪れないから。

「B☆同士」のメンバー、それからライブに来てくれたファンの皆様、来れなかったけどメッセージや気持ちを送ってくれた方、天窓さん、miuzicのスタッフ、今まで音楽家として関わってくれたすべての皆様に心から感謝です。ありがとうございました!

ライブが始まる前と終わった後では、今日という日の重さが違ったなぁ。。いわゆるひとつの記念日としてステージに臨んだんだけど、音楽をなぜ続けてきたのか、なぜ続けてくることが出来たのか、再確認出来た日でした。

シンプルに音楽が好きだという気持ち。僕の曲を聴いて喜んでくれるファンの皆様の言葉、笑顔。音楽だけでひとつになれる仲間の存在。

続けてきてよかった!

これからも応援よろしくお願いします!

セットリスト

【昼の部】弾き語り

雨を見てたよ

はじまりはありふれた日曜日
金木犀

Espresso

君がくれたシュガー
スタンプ

思い出の交差点
愛という名のもとに(カバー)
あなた(カバー)

車線変更
DCG
パンリ

恋文

<アンコール>

遠い街のどこかで

【夜の部】with B☆同士

雨を見てたよ

WALL
地平線の向こうへ
LOVE SONG

もうひとりの君(Pf:HASSE)
怪奇現象(Pf:HASSE)

風のない場所

平凡
君がホリデー
Flower note

黄昏のシンフォニー

情熱のトラブルバスター
Mr Pancake
Passing point

<アンコール>

ハロー&グッバイ
青空

SPONSORLINK