CDは売れないと分かっていながらリリースする理由が「握手券」以外にもあった!

SPONSORLINK

「CDが売れない時代」ではなく「なぜかまだCDを売ってる時代」といった内容で、少し前に大拡散されて、話題になっていたtweet.

この手の意見は至る所で聞きますね。業界仲間や、スタジオで制作仲間とも笑い話で話しますが、CDを作っている張本人の我々が、CDを再生する機械を持っていない。僕はCDチェックは車の中です。

スタジオ内で、プレスから上がってきたCDをチェックしよう!と言っても、アシスタントが「えーっと、プレイヤーは、、、」と言って回りを見渡したりしてる。もちろん、ちゃんとしたスタジオにはCDプレイヤーはありますよ。ひと昔前の高級感あふれるアンティーク家具のようなCDプレイヤーが。

こういうのですね(笑)

SPONSORLINK



作る理由を考えてみた

ではなぜ作るのか!?昨今であればアイドルの「握手券」「特典券」としていわゆるグッズ感覚で商品化しているんだ、なんて意見や、オリコンを始め、チャートに入れるために作って販売してるんだ、という割り切った意見もありますが、理由はそれだけじゃない気がしています。

実際に中高生の夢見る少年、少女が、「いつかCDデビューしたんです!」と目をキラキラさせるシーンもも良く見る。

きっと、CDをリリースしたことは、デビューした証、証明書になってるのかなと思うんです。

先日あった新人の子は、「私まだ配信でしかリリース出来てなくて、いつかCDが出したいんです」と言っていたしね。

まとめ

街のCDショップ(もはや絶滅寸前ですが)や、大型商業施設(イオンとかね)に入っている、CDショップに、自分の作品が並んでいることは、「デビューした証」と考えられるのかもしれません。

※CDショップが入荷してくれるような期待の新人にならないといけませんが。

業界の中ではCDが絶滅することに対して、嘆きの声が聞こえてきますが、個人的にはCDが絶滅するのは逆に嬉しい、、というか、嫌ではないんです(笑)親交のある、熱いCDショップの店員さんとお仕事出来なくなってしまうのは寂しいですが、、

会社としてCDを作るのって、プレス、撮影、印刷、パッケージとか結構コストがかかるので(笑)配信なら音源制作、マスタリングまでして、配信申請して2.3日後にはリリースできるから。

ただ、レーベル業をしている以上、CDが完全に絶滅するまで、新人アーティストにデビューの証を作っていってあげる必要があると思っています。求めてくださるお客さん、アーティストがいるうちは icon-music 

INFORMATION

僕の楽曲提供曲(1部を除く)、プロデュース楽曲、近藤薫ソロ楽曲が、聴き放題サービスも視聴して頂けます。CDを買うよりお得です!>>こちらから

もう一記事どーぞ

ライブハウスがもっと行きたくなる空間になるために考えた。

2018.04.13

ライブ、コンサートのMCで、アーティストが言わない方がいい内容とは?

2018.04.26

売れっ子ミュージシャンやクリエイターに、仕事が集まる理由とは!?

2018.04.23

僕が音楽プロデュースをしている声優養成所「インターナショナルメディア学院」。是非一緒に勉強しましょう!まずは資料請求から!

ベジータ役「堀川りょう」が直接指導のインターナショナルメディア学院

ラーメンの濃いめ薄めなどの味調整って調理人的に、嫌じゃないのかなぁ

2018.04.22

プロのミュージシャンの定義とは

2018.03.18

SPONSORLINK