【Recording風景】アコースティックギター録り 本日の機材

SPONSORLINK

レコーディングでした。

作詞作曲プロデュース、自社レーベル案件。3曲のボーカル録りと、アコースティックギター一曲。ストロークとフィンガー弾き、計2トラック。

使用機材

アコースティックギター

Martin OM-42

使用弦 : ダダリオ(フォスファーブロンズ)custom Light

レコーディングのために張り替え。

martin-om42

 

集音マイク

Neumann U-87ai

AKG451

少しブリッジ側を狙ったかな。

mic87

 

マイクプリアンプ

Vintech audio273

image

 

まとめ

今回、軽やかな曲でストロークでキラっとさせたかったから、少し細めのcustom Light(011〜)を、張り替えて使用したけど、実はフィンガーで弾くときはキシキシするのが嫌だから、ちょっとだけ弾き込んだ後の弦のほうが好きなんです。

ただ、Neumann87と、Vintechの組み合わせが、太く温かい感じで録れていいですね。

きっと、MIX時のAKG451と、87とのバランスが肝になるでしょう。

録り音としては大満足でした。

ただKeyがC#mの曲で、G#、G#mやらF#mなどセーハ何度も出てくるから、開放感がなく(EやAは出てきますが)、カポすれば良かったかなぁと。。。

【生徒さんからの質問に答えてみた。】ギターの弦のフォスファーブロンズ弦、ブロンズ弦の違いって何?

2016.05.21

 

 

 

SPONSORLINK