エフェクターって必ず必要?まず用意すべきギター エフェクターはコレ!

SPONSORLINK

ギターを始めたばかりの方で、

「エフェクターって必要なのかな?」

「どんなエフェクターを買えばいいかわからない」

という悩みを持った方は多いと思います。確かに、エフェクターには山程種類がありますし、迷ってしまうのも当然ですよね。

エフェクターにはどんな種類があって、何を最初に買うべきなのかをまとめます。これからエフェクターを買おうという方は、是非参考にしてみてくださいね!

エフェクターの役割とは

では、そもそもエフェクターの役割とはなんなのでしょう?エフェクターを英語で書くと、「Effecter」つまり、「影響を与えるもの」という意味。文字通り、ギターの音に影響を与え、様々な変化をもたらしてくれる機材です。

エフェクターが必要な理由

エフェクターが必要な理由は、いくつかあります。例えば、

・曲中で、楽曲に表情を付けるため
・色々なジャンルの曲を演奏するため
・自分の好きな音を見つけたい

など様々です。初めてエフェクターを買う方でしたら、「色々なジャンルの曲がやりたい」という理由の方が多いのではないでしょうか。

覚えておきたいエフェクターの種類

では、覚えておきたいエフェクターの種類についてまとめます!初めてエフェクターを買う方が覚えておくべきなのは、

・歪み系
・ディレイ
・ワウ

の3つ。順番に見てみましょう。

歪み系

エフェクターには色々な種類がありますが、基本中の基本は「歪み系」のエフェクター。歪みとは、簡単に言うと「ギターの音を刺々しく、荒々しくしてくれるエフェクター」のことです。ヘビメタのギターってなんだか「ギュイーン」っていう音がしますよね?ギターの音が歪んでいる、というのはああいう状態を指します。(もっとマイルドな歪みもあります)

歪み系の中でも、オーバードライブ、ディストーション、ファズなど種類は様々。ですが、とりあえずは「歪み系」とひとくくりに覚えておいて問題ありません。

ディレイ

ディレイとは、音を遅らせて発生させてくれるエフェクターのこと。わかりやすくいうと、やまびこのような効果を与えてくれます。音に遅れが発生するタイミングは調節できるので、幅広い使い方が可能です。

ワウ

ワウは、踏み込むことで、ある周波数帯を増幅させてくれるエフェクターのこと。増幅させる周波数帯に変化をつけられるので、音がうねっているような、不思議な効果を生み出します。人が「ワウ、ワウ」と喋っている声に似ていることから、この名前が付けられました。

ワウには、「ワウペダル」と「オートワウ」の2種類があります。ワウペダルは踏み込んでいる間だけ効果が出るエフェクターです。対して、オートワウは一度ペダルを踏むと、再度踏むまでエフェクトをかけてくれます。使われている比率としては、ワウペダルの方が多いかもしれませんね。

SPONSORLINK



初めは何から買えば良いのか?

では、具体的にどのエフェクターから買えば良いのかをお話しましょう。
最初に買うべきエフェクターは、ずはり「歪み系」です。歪み系はどんなジャンルでも使えますし、追々必ず必要になるからです。

歪み系の中でもおすすめなのは、「オーバードライブ」。マイルドな歪みからハードな歪まで作れるので、幅広いジャンルが演奏できます。

オーバードライブの中で最も使えるのが、BOSSというメーカーの「BD-2」という一台。ブルージーな歪みは、オールジャンル対応可能です。プロからアマチュアバンドマンまで、多くのミュージシャンが使っています。ライブハウスに行けば、必ずどこかに1台はあるという感じですね。(リアルな話、2〜3台はあるかもしれません)

価格は、店舗によって異なりますが、だいたい1万円弱ぐらい。amazonでは、9,720円でした。(2018年7月時点)

揃えるのが面倒な人は「マルチエフェクター」

もし、「歪みもディレイもワウも全部欲しい!」という方には、マルチエフェクターがおすすめ。マルチエフェクターとは、様々な種類のエフェクターの機能が1台に詰まっている機材のことです。ひとつ買うだけで色々な音を出せるので、色々買うのが面倒な人にはぴったりでしょう。

しかし、マルチエフェクターにもデメリットはあります。それは、「音のキャラ作りがしづらい」というもの。マルチエフェクターは、基本的に一つのメーカーが全ての音を作ります。そうなると、どうしても音質というか、キャラが似てきてしまうんですよね。

とは言っても、「とりあえず音を変化させたい」という段階なら、マルチエフェクターでも十分。そこまで高くないものが多いですし、コスパはいいですよ。

おすすめは、ZOOMの「MS-50G」という機種。価格は8,000円前後と安価なのに、100種類ものエフェクトが内臓されています。

まとめ

エフェクターにはどんな種類があって、何を最初に買うべきなのかをまとめました。
エフェクターを買うなら、まずは「歪み系です」。中でも、幅広く使えるオーバードライブがいいでしょう。もし、「選ぶのが面倒」、「色々な音がほしい」という方は、マルチエフェクターをおすすめします。

楽曲の練習はもちろんですが、エフェクターを使った「音作り」もギターの醍醐味。音作りがうまくいけば、更に音楽が楽しくなるはずです。エフェクターを使って、自分好みの音を見つけましょう!

SPONSORLINK