作曲家のコンペの仮歌を担当して、気に入られデビューに繋がる可能性は?

SPONSORLINK

作曲家が制作の時に依頼する仮歌ボーカリスト。よく「仮歌はメーカーの担当者が直接聴くものだから、気に入られてデビューに繋がるなんて可能性もあるよ」とお願いするケースを耳にする。

果たしてその可能性はあるのか!?

制作依頼から、仮歌発注までの流れ

作曲家がお仕事を決めるのに「コンペ」というシステムがあります。アーティストが所属するレコード会社、プロダクションからコンセプトに基づいた楽曲オーダーシートのようなものが届く。それをもとに、締め切りに向けて、世の中の作曲家が明るい未来を手に入れるべく夜な夜な赤い目を擦りながら制作活動に入るわけです。

作詞作曲 コンペの心構え 楽曲提供への道

2018.02.16

ひと昔前はDemo音源と言えば、ギターやピアノで鼻歌を歌った程度のものでも通用したと言われています。(僕がこの仕事を始めた時にはすでにそんな時代終わっていました。)ただ、今ではスタッフ様、アーティスト様がより完成形をイメージできるようにDemo音源の時点でかなりのレベルのアレンジまで進めなければなりません。

そしてもう一つ困るのが今回の記事のテーマにもなります「仮歌」です。

僕のような歌手あがりの作曲家であれば自分で歌ってしまえば最低限のものはクリアできますが、楽器や作曲、アレンジは出来るけど、歌は歌えないという制作マンもいます。
また、僕らのような歌手あがりのミュージシャンも、女性アーティスト用の楽曲の場合困ります。男性ボーカルでも完成形をイメージしてもらえる場合はいいのですが、女性ボーカルでご提出ください!なんてオーダーもあります。


仮歌ボーカリスト

そこで登場するのが仮歌ボーカリスト。(仮歌=ガイドボーカル)と呼ぶ事もありますね。ただ、仮歌だけを専門に活動してる人は多くはない。大抵、

  1. コーラスの仕事もやってるようなプロのシンガー
  2. アーティストでのデビューを夢を見ている歌手の卵
  3. プロを目指してはいないけど、歌が好きで得意な子

に、作曲家は仮歌をお願いする事が多い。

ちゃんとギャラを払って頼む場合もあるけど、不採用になる確率の方が高い作品に、そんなに高額を支払えないのが現実。
僕の周りの作曲家情報だと、一曲(1回)5000円前後が多いかもしれない。1時間くらいで終わる作業だから、時給換算としてはいいけど、専門職にしてはちょっと安いですかね。

SPONSORLINK



デビューに繋がる可能性

結果から言うと、チャンスはやはりあると思います。可能性は低いですが。実際僕も募集する側に立つこともあるのですが、Demo音源の声がいいと、どちらのアーティストさんですか??とか聞いてしまうので。そういう時、

作曲家
コーラスの仕事を沢山やられてる大人の方ですよ

とか言われてしまう事が多いんだけど。

実話

自分の話で恐縮ですが、近藤薫ソロ 2nd Single「ハロー&グッバイ」は、「テニスの王子様」という人気アニメのエンディング曲になっているのですが、この曲は楽曲提供用にコンペで出した曲なんです。その時にプロデューサーの方に、近藤君がそのまま歌ったらどうですか?とお話を頂いて、唄わせて頂くことになったのです。何と光栄な!!


聴き放題サービス「Apple Music」で聴いてみる。

なので、Demo音源から何かに繋がるのは実際あるお話です。

という事もありますので、仮歌をやる側も、仮歌だからと言ってラフにやらず、一曲入魂で全力でやりましょう!誰が聴いてるか分かりませんよ。

ミュージシャンからの転職を探してみる>>リクナビNEXT

プロダクション所属に係る費用は一切ございません!【YStar Produce 新人発掘プロジェクト】

大人カワイイがコンセプトのアイドルユニット新メンバー募集

◎無料でクオリティの高いオフィシャルサイトを作るなら「Wix」。

SPONSORLINK