「TOKYO dela THEATER 」の凄いところ。【オフショット付き】

「TOKYO dela THEATER」

名古屋アイドルdela(デラ)東京での月一単独定期公演「TOKYO dela THEATER」気づけば20回もやってました。これ、時々昼夜公演もやってるので、ステージの回数では30回以上かなと思います。まもなく2年を迎えます。

今のアイドル時代、どこのグループも定期公演などやってますね。何年も続けてるところもいっぱいあるよね。

じゃ、何が凄いのかというと!?

「TOKYO dela THEATER」の凄いところというのは、delaは名古屋のアイドルです。活動拠点でない場所での単独定期公演なんですね。平日開催の月もあれば、土日祝日開催の月もあります。毎回複数人のメンバーで、しかもスタッフが何人も同行して移動している。僕らレーベルの人間も毎回数人は出ています。

「TOKYO dela THEATER」は観覧無料です。だけど会場費はしっかり支払っています。もちろんアイドル特有の物販などはやっていますが、東京駅徒歩数分の立地のキャパ300くらいのライブスペースのレンタル費や、移動費、人件費などの経費をまかなえるほどの売上はないでしょう。

メンバーや、名古屋の運営さんはほんと大変だと思う。

でもきっと、レーベルのスタッフもそうだけど、みんなdelaの事が好きだから続けられてるんだと思う。

これからも気持ち続く限り、イベントを続けていきたいと思っています。

TOKYO dela THEATRE サイト

The following two tabs change content below.
KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。
KONDOKAORU.JP編集部

最新記事 by KONDOKAORU.JP編集部 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

KONDOKAORU.JP編集部

KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。