アイドルに生演奏で歌ってもらう企画「IDOL acoustic vol.2」終了!

image

いろんなアイドルさんと、ライブや、楽曲制作等でお仕事をさせて頂いておりますが、

確か、今年の春くらいだったかな。グループで踊って歌ってるアイドルの子たちが、ソロで生演奏をバックにライブをしたら、どんな感じなんだろう?しかも、誤魔化しの効かないアコースティックスタイルで。

そんな思いつきで企画した「IDOL acoustic」というイベント。

image

アイドルライブ特有のコールも、サイリウムのキラキラも無く、さらに、お客さんは椅子から立つ事もしにくいような環境下でのしっとりライブ。

ただ、一見難しそうに思えるアコースティックライブですが、どんな悪環境の中でも笑顔でお客さんを楽しませているアイドルの子たちはハートも強いし、生演奏スタイルでも様々な表情で、お客さんが喜んでくれる歌が歌えるはずだと思ったんです。

音程がとれている、リズムがあっているとかとは別次元の生歌。歌手や、シンガーソングライターには唄えない世界がきっとあるはず!と思って4月にvol.1を開催しました。

その時のレポートはこちら

本日、<vol.2>を高田馬場天窓.Comfortで開催しました。

出演してくれたアイドルたち

夜音あちゃむ

ピアノ弾き語りを何曲か聴かせてくれました。いろいろなジャンルのカバー選曲でしたが、どれも自分の歌にしていてオリジナリティーあったね。生演奏の一曲は椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」。力強い歌で演奏してても気持ちよかったなぁ。

犬塚志乃

担当している名古屋アイドルdela(デラ)の元キャプテン、しーちゃんこと犬塚志乃さん。ソロになった後、シングルを1枚制作しました。しーちゃんはdelaの時とソロの時とガラッとイメージ違うね。若いのに大人の落ち着いたムードで歌いあげてくれました。オリジナル2曲と、カバーでは藤原さくらさんの「Soup」と、古巣delaの「抱いてファンタジア」を。

加藤絵美里

沖縄出身の19歳。現在は「ちゅらっちゅもこも」というグループに所属して活動しているそうです。なんと夏川りみさんのいとこなんだとか。。vol.1も出てもらったのですが本当に素晴らしい歌唱力。綺麗な声だなぁと演奏しててもうっとりしました。きっとソロシンガーとして経験を積んでいったら、凄い歌手になるんだろうなと感じました。生演奏曲は夏川りみさんの「涙そうそう」。

滝口成美

すでにソロとして様々なキャリアを持つ滝口成美さん。オリジナル曲をたくさん聴かせてくれました。完成された歌唱力で観ていても、演奏していても安心できました。驚いたのはリハより本番の方が何倍も良かったという点。初心者の子は緊張しちゃって本番ボロボロなんて子も多いんだけどね。海外でのライブ展開もしていて今後に期待できるアイドル、アーティストだと思いました。生演奏曲はオリジナル曲の「キラキラミライ」。

もりしょうこ

今回、トリを努めていただいたのは「PLC」というアイドルグループに所属している、もりしょうこさん。もりさんもvol.1に続き2回目の出演。彼女にはとにかく不思議な魅力がある。正直、絶大なる歌唱力があるとは言い難いが(ファンのみなさん、すみません。。)歌、パフォーマンス、MC含めとても存在感のあるステージを観せてくれます。でもライブって、こういうことだと思うんです。綺麗に歌い上げるだけが良い訳ではない。そういう意味では100点満点のステージだったと思います。生演奏曲はAKB48の「君のことが好きだから」。

アンコール(セッション)

アンコール曲は僕の独断と偏見で決めさせてもらいました。今のアイドルに昔のアイドルの名曲を歌ってもらいたい!知ってもらいたい!という企画のもとでの選曲。今回は松田聖子さんの「青い珊瑚礁」でした。前回vol.1では柏原芳恵さんの「春なのに」を歌ってもらいました。

まとめ

最初に企画した時に思っていた、アイドルさんたちの隠れた魅力に少しづつ出会えてきているような気がしてます。もともとステージで表情豊かにパフォーマンスするアイドルさんは、照れながら歌ってるシンガーソングライター(一部の例です)より伝えるのは絶対うまいはずなんです。何となく、たくさんのグループの中のひとりとして活動しているだけではもったいないと思います。最終的に花開かすのは所属しているグループであったり、本業のアイドル仕事であっていいと思うのですが、魅力を引き延ばすためにソロ活動は意味のあるものだと感じました。単純に歌唱力やステージ進行のスキルアップにも繋がるしね。

image

vol.3は9月を予定しております。

お楽しみに!

image
The following two tabs change content below.
KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。
image

ABOUTこの記事をかいた人

KONDOKAORU.JP編集部

KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。