中国に音楽データなどのファイルを送る方法

SPONSORLINK

音楽制作の仕事をしていると、楽曲をデータで各所に送る事が多い。頂く時もCDなどの媒体より、データの方が早い。

よく使われるサービス

  • dropbox
  • Gigafile
  • firestorage
  • 宅ふぁいる便

などが代表的なサービスですね、もはや説明不要のサービス達です。 さて、最近、お仕事で中国、上海のコーディネーターの方とやりとりをすることが多いんだけど、中国ってお国柄、国外のサービスが基本使えないので、上記サービスを使用してファイルを送ることが出来ません!(涙) 日本から中国内に入った時は、日本の携帯キャリアなら色々可能性、やり方はあるというのは経験しており、過去の記事にも書きました。  

 

記事>>中国、上海でも普通にスマホでTwitter、LINEが使えた!

一番簡単な方法は!?

icon-mobile-phone WeChatに直接ファイルを投げ込むことです! (地味でスミマセン)

WeChat

WeChatというのは、中国のLINEのようなものです、Facebook、Messengerとかね。 icon-download 無料ダウンロードしてみる!>> WeChat – WeChat

 

今の所、これが一番良い方法です。何十曲もあると時間かかりますので、その場合ファイルを圧縮して放り込んでください。ただ圧縮の仕方によっては受け取った側が解凍できないなんて事も考えられるので注意が必要です。

使用容量

ただあまり使い過ぎていると、スマホの容量を圧迫してしまうので、こちらも気をつけなければいけません。

   

アプリの設定から、「全般」→「ストレージ」をタップ。

    上の「WeChatのストレージを見る」というところが、過去にWeChat上でやりとりしたデータの総容量です。まめに確認して巨大化を防ぎましょう。

まとめ

中国内のクラウド・ファイル便サービスも見て見ましたが、言語という壁に阻まれて、立ち往生してしまいました。年がら年中ファイルのやりとりをするわけでなければ、少し時間もかかりますが、この方法が今一番良いと思いました。僕は音楽メインの仕事なので映像とかさらに大きなデータをWeChatに投げ込んだことはないけど。

SPONSORLINK