【Interview】「ROSARIO+CROSS」 デビューから約1年メンバーの軌跡をたどる

_DSF0918

TOKAIグループのスマートフォンサービス『LIBMO(リブモ)』イメージキャラクターなどを務めたり、東京ー静岡で定期公演をするなど様々な活躍をしている静岡のアイドルパフォーマンスユニット「ROSARIO+CROSS」。TOKAIグループのCMソングとして静岡県内で大量オンエアをした4th Single「HELLO!未来」。

それに続き5月8日に最新の5th Single「青春コールミー」はCDとDVDの二枚組で販売され、なんとDVDには2017年1月30日に発売された4th Single「HELLO!未来」のAタイプカップリング、YouTubeで別タイプのMVが公開中の「七転八倒の向こう側」のもう一つのMVが収録されています!今回は5th Single「青春コールミー」の発売を控えたROSARIO+CROSSにデビューしてから約1年を振り返ってもらいました。

ーーお忙しい中お時間ありがとうございます。デビューされてから約1年が経ちますがアイドルを目指したきっかけはなんだったのでしょうか?

Imari(以下:いまり)「もともと私たちは同じミュージカルスタジオに小さい頃から通っていて、ダンスだったり歌だったり演技だったりいろんなことを一緒にレッスンを受けて学んできた仲間なんですけれど、私個人としてはもともとアイドルになりたいって思ったことが一度もなかったんです。みんな中学校の時にK-POPに憧れ始めて、K-POPのカバーダンスチームを結成してからこのグループ活動としていろんな場所でパフォーマンスしたりという機会が増えてきました。そのグループ活動の過程として歌にも挑戦してみようってことにもなって歌をやり始めてから最初は私はアイドルとかアーティストにはあまり興味がなかったけれど、どんどんどんどん楽しくなってきてずっとその好きなことを続けていたらROSARIO+CROSSとしてアイドルになってデビューしていました。」

ーーそうだったのですね。もしかして、お話に出ていたK-POPの方が目指してる人ですか?

Momoka(以下:ももか)「これみんなもそうかと思うんですけどもともとK-POPのダンスカバーをしていた時に少女時代さんのコピーをしていたというのもあってずっと少女時代を目標にやってきて今もそれは変わらないです。歌もルックスも踊りも、全部神ってるんですよ(笑)」

メンバー全員 (笑)

ーー全部神がかって輝いていますね。

ももか「神ってるんですよ。だからすごい好きでそういう存在になれたらいいなっていうのがあります。」

ーーのちのちまた韓国でライブをしたいとは思いますか?

ももか「挑戦したいです!」

ーー今、東京ー静岡で交互に月一公演を行っている「bloom」についてですが皆さんから提案されたと聞きました。

いまり「もともとみんなでそういう定期公演が出来る場所があったらいいっていう話をしていました。」

Himeka(以下:ひめか)「やっぱり他のアイドルさんは、定期的にライブをやる場所があってファンの方達も増えていくってなかで、私たちが始めたばっかりの時はそういう環境がまだなくて、公共の場所でライブをするには応援してくれる方も声出せないとか規制がかかってきちゃうし、自分たちのライブを定期的にやれる場所があればそういう応援してくれる人たちも満足してもらえるよねという話から始まりました。」

ーー定期公演ができる場所があるだけでいろいろ変わってくることもありますよね。そして、もう一つ同じく静岡で活動している太田克樹さんと一緒に行っているマークイズ静岡での月一定期公演「アルイテイコウ」も1周年を迎えましたがそれはどうして始まりましたか?

いまり「私たちは静岡のショッピングモールでイベントをやらせてもらうためにはどうすればいいか調べていたこともありました。先ほどbloomのお話もあったんですけど、定期的に活動をライブを続けていける場所が欲しいという話をさせていただいていて、実現したイベントです。」

ーー皆さんの活動したいという気持ちが多くの方の協力を経て実現した形なのですね。「アルイテイコウ」が始まって変わったこととかはありますか?

Mimu(以下:みむ)「『アルイテイコウ』はやっぱり観覧無料なのでいろんな人が見に来てくれるので『アルイテイコウ』をきっかけに私たちのことを知ってくれてファンになってくれた人も結構います。」

ーー静岡の人以外にもこのイベントに足を運ぶ方がいらっしゃいますね。今後チャレンジしていきたいことはありますか?

ももか「私これをずっと言っているんですけれど、ラジオをやりたくて。ROSARIO+CROSSのラジオ番組とかあったら楽しいだろうなってすごく思っています。個人的にずっとラジオのパーソナリテイーの人の真似をしてたりとかしてます。なので今までラジオをそんなにやったことがないので番組とかできたらなと思っています。」

Yuwa(以下:ゆわ)「ちょっと似てるんですけど、今年になってROSARIO+CROSSはshowroom配信を始めたんです。showroom配信をしている中で、私個人の意見なんですけどいろんなファンの方達とかいろんな方に個人で配信するときとかやっぱ喋るのいいねとかとか言われるようになってMC力とかもっとつけたいなとか思いますし、喋る系を今後もっと挑戦していきたいと思っています。」

ーー今後のトークも注目ですね。そして、5月8日発売の最新作「青春コールミー」はどんな曲に仕上がっていますか?

いまり「新曲の『青春コールミー』はもともと私たちがイメージキャラクターとして使っていただいているTOKAIグループ様のスマートフォンサービスである『LIBMO(リブモ)』のCMソングとして使わせてもらっています。とても爽やかな曲で私個人的には春らしくて聞くと心がすっきりするというか、よし頑張るぞっていう明るい気持ちにしてくれるような曲だなって思います。最近最新曲の振り付けが完成したんですけど今回も見てくださる皆さんに真似しやすいような振り付けを考えたので今後イベントとかで披露していってお客さんがどういう反応をしてくれるかっていうのが楽しみです。」

ーーありがとうございます。それでは最後にこの記事を読んでくださってるファンのみなさんにメッセージをお願いします。

ももか「『青春コールミー』は応援ソングで後押ししてくれるような曲になっていて発売5月8日なんですけれど4月に入って新しいことを始める方たちが多くなっている今にはぴったりな曲です。いろんなことに今から挑戦するよって方とか皆さんのことを後押しできるような曲になっているので聞いてくれると嬉しいです。」

ゆわ「日々頑張っている皆さんが失敗したり間違っちゃったり落ち込んだ時に聞いていただいて曲調的にも明るいし、歌詞も元気付ける歌詞だったりするのでそれを聞いて元気を出して日々の励みになってくれたらなと思っています。」

ひめか「今の私たちだからこそ歌える曲だと思うので、でも聞いてくださる方にも青春が遠い昔だよという方にもまた青春の風を吹かせられたらいいなと思っています!頑張ります!」

みむ「とても前向きで明るい曲でいろんな人に聞いてもらって元気になってもらったりいろんなことを頑張ってもらいたいし、自分たちも歌ってて頑張ろうって気持ちになる曲です。いろんな世代の人に聞いてもらってMVも是非見て欲しいです。」

いまり「みんなが言ってくれた通りだと思うんですけど歌詞を見直してみて、4th Singleの『HELLO!未来』はサビに『頼ってくれてもいいんだぜ、遠慮はいらないぜ』っていう歌詞で私達に任せて!みたいな感じのイメージの曲だったんですけど今回の『青春コールミー』は『いつ始めたっていいじゃん遅いなんてことないよ』っていうのがサビのフレーズにあってやっぱりももちゃん(Momoka)が言ってくれたように頑張っている人の背中を押してくれるようなフレーズがあって、でも、AメロとかBメロで『つまづいちゃっておっとっとっと』とか、あとは、『いつも寸前でぎりぎりセーフ、でこぼこでも不安定でもいいから』が、そんなに頑張りすぎなくてもいいんだよっていう歌っている私達から皆さんへ届ける曲なんですけどその曲を聞いてROSARIO+CROSSに親近感も感じてもらえる曲かなと思うので、ぜひこの『青春コールミー』を聞いてよし頑張らなきゃ!じゃなくて音楽を聴いてROSARIO+CROSSと一緒に頑張ろうって思ってくれたら嬉しいなと思っています。」

この1年間本当にいろんなことに自分たちからもチャレンジし定期公演やイベントが1周年を迎え、以前とは環境も大きく変わったROSARIO+CROSSのメンバー。5月8日に発売される曲を聞きMVを見て共に頑張っていこうと思える彼女たちのパワーを皆さんも是非もらってください!!

記事:Yuki

chirashi

【Report】「ORANGE PORT×ROSARIO+CROSS」静岡愛に包まれたステージ!セッション!

2017.04.01
The following two tabs change content below.
KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。
KONDOKAORU.JP編集部

最新記事 by KONDOKAORU.JP編集部 (全て見る)

_DSF0918

ABOUTこの記事をかいた人

KONDOKAORU.JP編集部

KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。