【Report】「青SHUN学園×ROSARIO+CROSS」熱々のパフォーマンスと熱い愛!

_DSF0186

先日3月25日静岡の清水SOUND SHOWER arkにてTOKAIグループ Presents ROSARIO+CROSS 東京-静岡 定期公演「bloom2017 vol.2 静岡編」が開催された。

本人達が発案してなおも固定のファンも増え、少しずつ会場も大きくなりつつある。彼女達が日々showroomや他のところでも多くの活動が結びついてきているのだ。

そして、今回出演したのはこのライブのメイン「静岡のアイドルパフォーマンスユニット」ROSARIO+CROSSとゲスト出演で「福岡発ロック系アイドルユニット」青SHUN学園がライブパフォーマンスを披露!

今回もスペシャルセッションではいつもそれぞれのライブでは観られないパフォーマンスが繰り広げられた!

青SHUN学園

会場内が暗くなり始め青SHUN学園のSEでライブはスタート!

bloomvol2_1-00099
  • 「Hello!」
  • 「ODOD」

パワフルなパフォーマンスと煽りで会場は一気に熱気を増した。初めて見た人もその熱気にうまく取り込むダンスのパフォーマンスにアイドルそれぞれの煽りは青SHUN学園ならでは。MCでは初めて見るお客さんに激しいパフォーマンスをすることを話して、ペース配分間違わないようにと笑いで場を和ませる一面もみせた。

_DSF9513
  • 「No Make」
  • 「MPN」
  • 「1/3の純情な感情」

さらに激しいパフォーマンスを見せ会場にさらに熱気を広げた。ここからは学園長SHUNのマイクパフォーマンスも加わり他のアイドルライブとは一味も二味も違うパフォーマンスが行なわれる。女の子達のパワフルさに男性のパワフルさが加わり別の力強さがその時に生まれた。
2回目のMCでは会場の中の熱気と、みんながすでに汗だくになっていることを触れ、ラストさらに熱く盛り上がることを宣言した。

_DSF9539
  • 「君がくれた想い」
  • 「力の限り〜解放 shortメドレー〜」

会場をフルに使いステージから降りお客さんと一緒にパワフルに走り盛り上がるのも見せた。お客さんを含んでの大きな円陣はこのステージでお客さんとアイドル達が一つになったように感じた。

そうして、熱い会場を作り出し青SHUN学園はROSARIO+CROSSに最高のバトンタッチをしていった。

_DSF9718

ROSARIO+CROSS

会場のボルテージは期待にさらに上がる中ROSARIO+CROSSのOvertureが流れる。

「ラン!ラン!ラン!」

メンバーの登場にファンの盛り上がりがさらに大きくなりがパフォーマンスが始まる。先ほどの熱気を引き継いだファンの応援はさらに高い熱で表現されていた。1回目のMCでは青SHUN学園と一緒にライブをできたことへの想いを語って、ファンの心を今度は別の意味で熱くさせていた。ROSARIO+CROSSを応援したくなる彼女達の魅力が言葉からも伝わってくるトークを繰り広げていた。

_DSF9841
  • 「Lucky Girl」
  • 「アルイテイコウ」

さらに盛り上げそして、静岡MARK ISで行われている月一定期公演「アルイテイコウ」のテーマ曲でお客さんと一緒に和やかなあたたかいムードが広がった。2回目のMCでは、『TOKYO IDOL FESTIVAL 2017』の出場権をかけたshowroomでの一般公開オーディションも切り抜け最終選考まで現在駒を進めていることを伝えみんなの応援のおかげですと話していた。

  • 「ショートヘアー」
  • 「HELLO!未来」

ラストスパートで最高のテンションで会場一体となってのパフォーマンスをし会場を盛り上げた。

_DSF9910 _DSF9990

スペシャルセッション

最後に、ROSARIO+CROSS 東京-静岡 定期公演 bloom2017では恒例のスペシャルセッション!今回は青SHUN学園とROSARIO+CROSSがお互いの代表曲を一緒にパフォーマンスした。

_DSF0162

青SHUN学園からは「手紙」、ROSARIO+CROSSからは「HELLO!未来」

ROSARIO+CROSSと青SHUN学園だからこそできるダンスパフォーマンスと会場を一体にする盛り上げ、煽りがバランス良く存在した。スペシャルセッションではこのライブで、最高の会場の一体感と熱い熱気が充満していた。

_DSF0186

今回は熱い煽り、クオリティの高いダンスパフォーマンスのコラボレーションでもあり熱く激しい応援もあり会場が熱く一体になることができるライブとなっていた。

今後もどのようなライブが行われ続けていくのか楽しみなライブ。
まだ見たことがない人は、東京でも公演を行っているため東京の方でも是非観てみてほしい。

【Report】「ORANGE PORT×ROSARIO+CROSS」静岡愛に包まれたステージ!セッション!

2017.04.01

【Review】ROSARIO+CROSS 4th Single「HELLO!未来」

2017.01.30

アイドル現場は戦場である!?ただ、その後の笑顔のために。【カメラマン編】

2017.02.10

「HELLO!未来」 MV

The following two tabs change content below.
KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。
_DSF0186

ABOUTこの記事をかいた人

KONDOKAORU.JP編集部

KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。