【Report】2017年ブレイク待ったなし!26時のマスカレイド、 単独ライブで成長と可能性を魅せつける。by 6notes

Pickup

「音楽情報サイト6notes(シックスノート)」編集長の近藤薫です。6notesで取材させて頂いた記事の中から人気記事をピックアップし、ご紹介しております。

26時のマスカレイド 記事

26時のマスカレイドが、2017年3月26日(日)、代官山LOOPにて定期公演ファイナル『ニジマスストーリー序章〜ワンマンと呼ばないで〜』を開催した。

同公演は、2016年10月のライブデビューから約5ヶ月間毎月続けてきた定期公演の集大成。初のオリジナルナンバー「B dash!」からスタートし、タオルを振り回す「マスカレイドは眠らない」でフロアのボルテージを一気に引きあげると、「ニジマスエモーション」、「ハローハロー」と鉄板で盛りあがるナンバーを立て続けに投下。

メインカット1

初披露となった新曲「トワイライト」は、激しめのギターサウンドが印象的な本格ロックナンバー。思い切ったヘッドバンキングを見せるメンバーたちにフロアからは感嘆の声もあがった。

メインカット2

元メンバー“しのみ”こと篠原美琴からの手紙を読みあげた後に披露した「ワスレナグサ」。5か月間を共に駆け抜けた篠原との思い出を振り返るように、涙をぬぐいながら全力のパフォーマンス届けたのち、「GoWay」で本編を締めくくった。

メインカット3

ファンが「ワスレナグサ」のワンフレーズを大合唱してメンバーを迎え入れたアンコールでは、『ニジマス新定期公演』のほか、サプライズで7月1日に原宿アストロホールにて1stワンマンライブが開催されることが発表されると、メンバーはファンと共に大興奮。初披露となった「心から」では、サビで手を左右に振り会場を一体にすると、最後は「ハローハロー」で幕を閉じた。

メインカット4

新曲や新衣装、1stワンマンライブなど、嬉しい知らせをたくさん届けてくれた6人。今年の夏には、TIF2017やアイドル横丁夏祭りへの出演などもいちはやく決め、その勢いはとどまることを知らない。5か月間の集大成として、しっかりと成長を見せつつ、大きな可能性を秘めたそのパワフルな姿を今後ますます多くのところで目にするだろう。

大メインカット後

6notesでは、そんな彼女たちにインタビューを敢行!近日公開予定なのでお楽しみに。

3/26(日) 代官山LOOP

定期公演ファイナル『ニジマスストーリー序章〜ワンマンと呼ばないで〜』

セットリスト

1.B dash!

〜MC〜

2.マスカレイドは眠らない
3.ニジマスエモーション
4.ハローハロー
〜MC〜
5.トワイライト
〜MC〜
6.ワスレナグサ
7.GoWay
〜MC〜
8.心から
〜MC〜
9.ハローハロー

Text:向井美帆
Photo:Yusuke HOMMA

The following two tabs change content below.
KONDOKAORU.JP編集部
KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。
KONDOKAORU.JP編集部

最新記事 by KONDOKAORU.JP編集部 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

KONDOKAORU.JP編集部

KONDOKAORU.JP編集部とは、音楽家 近藤薫の活動、また音楽業界の動きをを様々な角度から発信していく編集チーム。

【編集長 近藤薫プロフィール】1999年ポリドール(現ユニバーサルミュージック)より、メジャーデビュー。2002年バンド解散後ソロとして活動を始める。【主なソロ作品】「ハロー&グッバイ」「風に乗っかって」(「テニスの王子様」ED曲など関連作品)【楽曲提供】V6/AKB48/東方神起/テゴマス/Juice=Juice/℃-ute/アンジュルム/下野紘/DEEN/柏木由紀/マオfromSID/鈴村健一/松井恵理子/dela/太田克樹/ロザリオクロス/など。